社会

【超常現象ファイル】266年前の「江戸時代のUFO漂着事件」女が持っていた「不思議な箱」と「謎の文字」

 米軍の退役軍人らが下院監視小委員会の未確認航空現象(UAP)、いわゆるUFOに関する公聴会で証言台に立った。そしてそこで明かされたのは、「米政府はUAP情報を保持しているだけでなく、それを操縦していた非人間パイロットたちの遺体も持っている」という、あまりにも衝撃的なものだった。

 この7月26日の暴露に対し、公聴会委員のひとりであるティム・バーチェット下院議員は、次のように踏み込んだ。

「国防総省と官僚らは何十年にもわたり、この情報を隠匿してきた。今こそ、光を当てる時が来た。アメリカ国民は真実を知る資格がある。隠蔽工作は終わりです」

 UAPの真相解明に向け、新たな一歩が踏み出されたと宣言したのである。当然ながら、各国のメディアが次々と報道することになった。

 人間ではないパイロットの遺体を保管しているとはタダごとではないが、実は日本でも遺体どころか、異星人そのものが「漂着」し、住民とのやり取りまで行われていた史実がある。しかもそれはなんと、266年前の江戸時代だったというのだ。歴史研究家が解説する。

「常陸国の海岸に流れ着いた奇妙な形状の船に乗るひとりの女性が、宇宙から来た異星人ではないかと話題になりました。滝沢馬琴の『兎園小説』をはじめとして、数多くの史料に残されています」

 その「兎園小説」によれば、「江戸のUFO目撃情報」としてあまりに有名な「虚舟漂着事件」が起こったのは、亥の年(享和3年)3月26日。場所は、常陸国の原舎ノ浜というところだった。

 異国船が漂着し、中を覗いてみると、舟の中には身長5尺(151センチ)ほどで顔色が悪く、歯が白く細かい20歳ぐらいの美女が乗っていたという。

 女性は2尺四方ほどの箱を持っており、村人たちが「それはなんだ?」と聞いても、しっかりと抱えたまま手放さなかった。先の歴史研究家が言う。

「船中には謎の文字が記され、船首と尾翼の形状が飛行艇を思わせることから、養蚕の女神である金色姫が当時の天竺、つまりインドから虚舟に乗せられて常陸に流れ着いた、という説が出ました。このほかにも、宇宙から舞い降りてきた異星人だったのではないか、との伝説も残されている。虚舟の漂着現場と推定される神栖市の寺社には、金色姫の姿を模した『蚕霊尊像』が祀られています」

 はたして虚舟は異国船だったのか、養蚕の伝道者である女性の乗り物だったのか、あるいは本当に彼方から舞い降りてきたUFOだったのか。266年の時代を超えた壮大なロマンは、広がるばかりだ。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」