社会

コロナ禍休業で駆除回避の飲食店から大量発生

 命を脅かすような猛暑が続く今夏。その暑さに加え、しばしば私たちが不快な思いにさせられているのが、この時期活発化するゴキブリやコバエであろう。

 近頃、灼熱の太陽が照りつけるアスファルトの上に、ひっくり返ったゴキブリの死骸を目にすることが増えている。人類が滅亡しても生き残ると言われるゴキブリもさすがにこの暑さにはマイッているのだろうか。

 高温多湿を好むゴキブリは、気温20〜30℃で活発に動き回ると言われている。そのため今夏のように連日35℃以上が続く猛暑は、さすがにダメージが大きいというのが通説だ。

 しかし、実際にゴキブリを研究対象として飼育もしている、害虫防除技術研究所代表の白井良和氏は言う。

「ゴキブリも昆虫ですから30℃以下が適温ですが、33℃くらいでは動じません。屋内で冷房を切って高温になった状態でも、バタバタと死ぬという状況にはなりません」

 やはり恐るべき生命力。しかも、人間同様に暑さ対策もぬかりがないという。

「基本的に日中35℃もあるような場所にはいません。昼は暗くて湿った排水管の中やシンクの下で暑さをしのぎ、夜に徘徊することが多いです。最近、林にカブトムシを見に行ったのですが、木にはクロゴキブリがたくさんいました。また住宅地の公園などにもいます」(前出・白井氏)

 調査会社インテージ調べによれば、ゴキブリの殺虫剤市場は令和元年に204億円だったのが、令和3年には233億円へと拡大している。恐るべき繁殖力で増加している証しと言えよう。

 しかも酷暑で涼む場所を求めるとすれば、今年は例年より住居に侵入してくるケースが増えているのではないか。都内の飲食店関係者が言う。

「(コロナ禍で)飲食店が休業中、通常であれば月に1度4000円程度で害虫駆除業者に薬の交換等を頼むのですが、営業していないからもったいないと、業者を入れなかった店舗が少なくなかった。その結果、店内がゴキブリの巣窟となってしまい、営業再開を断られるほど手に負えない状態になった店もあった。近所でそんなことされたら迷惑極まりないですよ」

 では、ゴキブリを撃退する効果的な方法はないものか。

「フィプロニルという成分が入った市販のベイト剤(駆除薬)を置いておくと、ゴキブリがそれを舐めて死にます。簡単にワンプッシュで駆除できるゴキブリムエンダー(キンチョー)などもお勧めです。外からの侵入を防ぐには、特に洗濯機の排水管から上がってくることが多いので、排水口の隙間を埋めるとよいでしょう」(前出・白井氏)

 一方、猛暑はコバエの大量発生の要因にもなっているようだ。都内の戸建て住宅に住む男性が証言する。

「夏場になって、コバエが出るようになりました。スプレーなどで退治しても、卵を産み続けているから、イタチごっこになってしまう。またペットの部屋から餌の交換などでキッチンに戻る際、コバエを連れてきてしまう形になり、結果としてキッチンの三角コーナー付近にコバエが増え始めました。やはり退治しても退治してもで‥‥」

 そんなコバエは、ざっと4種類に分類される。

「生ゴミから発生するノミバエ、金魚や熱帯魚の濾過槽や浴室で発生するオオチョウバエ、バナナの皮などの生ゴミや飲んだ後のビール瓶に寄ってくるキイロショウジョウバエ、そして観葉植物の鉢の土に発生するキノコバエがいます。今の時期はノミバエが多く、勢力拡大している」(前出・白井氏)

 コバエにも暑さに強い、弱いのタイプがあるようで、しっかり学習して撃退したい。

「浴室の排水口の水垢を落とす。ゴミの日にはしっかり袋を縛って生ゴミを捨てる。現在は薬剤も優れていて、部屋やゴミ箱にワンプッシュするだけで効果のあるコバエアース(アース)やコバエワンプッシュプレミアム(フマキラー)などもあります」(前出・白井氏)

 まだまだ続く厄介者とのいたちごっこ。つまるところ、秋風を待つしかないのか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…