女子アナ

毎年恒例「地方局女子アナランキング」格付けされた側の「怒り狂うホンネ」が大爆発!

 大手代理店が毎年行う「全国地方局の女性アナウンサー人気ランキング」。今年も写真誌「FLASH」がそのデータをもとに一覧で報じているが、地方局女子アナたちは実際のところ、どう受け止めているのか。

 ランキングは北海道、東北、関東・甲信越、東海、関西、中国・四国、九州・沖縄の各エリアごとに発表されている。

「昨年の中国・四国ブロック1位で当時、広島ホームテレビに在籍した八幡美咲アナはその後、退職してフリーアナウンサーに転身しました。もともとグラビアにも挑戦しつつ、全国区で自分を売りたいと思っていたところに企画が舞い込んで、自信をつけて出ていきました。局関係者は『見送るしかなかった』と嘆いています」(在広島テレビ局スタッフ)

 今年も20代、30代の女子アナがランクインしているが、そこに登場する女子アナが言うには、

「同僚や後輩は『いい話題で雑誌に載ってよかった』と喜んでくれます。親、兄弟も同じですね。ただ、先輩女子アナからは『調子に乗ってる』と陰口を叩かれることもあって…。別のテレビ局では『私が載らないで、なんでアイツがランクインしてるのよ』と怒り狂う女子アナもいました」

 良きにつけ悪きにつけ、女子アナは格付けされることに敏感なようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」