スポーツ

不起訴になった西武・山川穂高の今季選択肢は3つ!実際どうなるのかといえば…

 昨年11月に東京都内のホテルで20代女性に性的暴行をした疑いで今年5月に書類送検され、その後8月29日に不起訴処分となった、西武の山川穂高。山川が所属する日本プロ野球選手会は8月30日、「客観的事実に基づく慎重なご対応をいただくことを求める」との声明を発表した。

 選手会の森忠仁事務局長の談話によると、山川は被害届を出した女性側が警察に申告した事実関係が、証拠として認められないとの判断がなされたことを踏まえて、

「これまで客観的事実に基づかないメディア報道、ソーシャルメディア投稿が続いた」

 と指摘。それによって、誹謗中傷が絶えないばかりか、球団及び球団親会社の西武ホールディングスにも苦情が殺到したが、

「騒動の責任の全てが課されるものではありません。再びグラウンドでプレーできるよう、静かに見守りいただきたい」

 球界関係者がこの背景を明かす。

「西武の選手会は何度も『公平、公正な対応をすべき』と球団側に申し入れをしていますが、球団側は世間体やスポンサーの顔色ばかりを気にして、まともな対応ができていない、との話もあります。そんな状況で不起訴となり、迅速に戦力として認められるかも不透明。本人へのフォローがなされるかも気がかりです」

 山川がいない間にチームは得点力不足が響いて、とうとうパ・リーグ最下位に転落。一刻も早く1軍に戻したいのが、松井稼頭央監督の本音だろう。

 問題は山川が今後、何事もなく1軍でプレーできるかどうかだ。というのも山川は、国内FA権の取得に必要な日数が、およそ2週間。現時点でシーズン残り30試合を切り、試合感覚を取り戻して2週間後に再昇格を果たせば、ギリギリ間に合う計算になる。さるパ・リーグ球団幹部が言う。

「山川についてはFA権を取得できず西武がトレードするパターン、FA権を取得するも宣言せずに西武に残留、FA権を行使して他球団に移籍する…という3パターンを想定しています。FA移籍を狙う球団は独自ルートを使って山川の状態、警察、検察の状況を逐一、情報収集していたと聞いています」

 では実際問題、どうなるのかといえば、

「球団親会社トップが銀行マン出身で、お堅い西武ホールディングス傘下の球団に残すのは考えづらい。それならFA権だけ取らせて放出するのが人的、金銭補償もあるので、西武も納得するのではないか」(前出・パ球団幹部)

 残された時間はそう多くない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」