芸能

矢口真里 1年半ぶりTV“ナマ”出演で今後の行方は?(2)中途半端すぎるテレビ謝罪

20141106g

「活動休止中は、DVDを観ることやマンガを買うことだけが楽しみでした。家に引きこもっていたので」

 矢口は目に涙を浮かべて謹慎の日々を振り返る。また今年に入ってからは、ロンブー・田村淳の妻に紹介された陶芸教室に通い、「土を触ると心が浄化された」と発言している。

 もっとも、本当の心のよりどころであり、触って浄化されたのは“梅田自身”だろうと推測される。休止中も2人が仲むつまじく食事に出かける場面が写真誌に撮られたりと「離れられないカラダ」であることは否めない。

〈学生時代は『騎乗○の覇王』と呼ばれていました〉

 昨年5月、不倫が明るみに出た直後に、梅田が半ばヤケ気味にツイッターに書き込んだキャッチフレーズである。身長145センチとミニモニサイズな矢口に対し、梅田は元夫の中村を上回る193センチ。まさしく、理想的な身長差ということになる。

 あろうことか最近の矢口には、梅田の「騎乗○の覇王」に負けじと、ネット上では「ピストン矢口」という異名が浸透しつつある。

「休止中に撮られた矢口は、あまりの激太りが話題になった。その時期を『ただの運動不足です』と説明していましたが、ひたすら焼き肉に出かけて、ひたすら愛欲をむさぼる生活では体重増加も無理はないのでは?」(スポーツ紙記者)

 そもそも不倫が発覚した状況は、かねてから矢口の浮気を疑っていた中村が泊まりの予定を早めて帰宅したことにある。ベッドルームには「明らかに行為後」の2人が裸で寝ており、中村は梅田に土下座させた様子を写メに残したとも伝えられた。

 そしてバラエティの売れっ子だった矢口は、全ての番組を降板するほど「前代未聞の不倫劇」だったのだが、この中途半端なテレビ謝罪では“みそぎ”となりそうもない。

「活動休止まで、矢口は『ミヤネ屋』の裏番組である『ゴゴイチ』(CBC)のレギュラーだったんです。降板後は同じ事務所の藤本美貴が代役レギュラーを務めていたのに、まさかの復帰が裏番組とは‥‥、テレビ界のルール破りと見られます」(松本氏)

 今後はバラエティ番組で復帰出演が相次ぐと予想されているが、決して順風満帆ではないだろうと石川氏は釘を刺す。

「中島知子と同じで、世に出てきたらマスコミが追わなくなって、矢口真里という価値が一気に下がるかもしれないね」

 そうなれば、「騎乗○三昧」の日々に逆戻り!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
2
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
3
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
4
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声