芸能

「芸名を使えない」前事務所とトラブルの浅香唯が本名で出した写真集/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

〈交際15年を経ての結婚なので、もうこの20周年というのが長いのか短いのかさえも分からなくなってきてる~〉

 自身のInstagramでそう報告したのは、浅香唯だ。結婚20周年をミュージシャンの夫・西川貴博と祝ったことを報告したのは、今年7月22日。別の投稿では、星柄のバンダナを巻いた夫とのツーショット写真を披露し、

〈本当に心から感謝!これからも精進してまいりますので、夫婦共々どうぞよろしくお願いいたします〉

 と幸せな様子を綴った。投稿を目にし、おそらくベテラン芸能記者の多くが感慨深い思いを持ったのではないだろうか。というのも、彼女の波乱に満ちた芸能生活の軌跡は、まさにそのまま夫と歩んできた歴史といってもいいからだ。

 浅香は1985年に化粧品のイメージガールに選ばれ、シングル「夏少女」で歌手デビュー。その後は「スケバン刑事」で一躍人気者になり、彼女のファンクラブは全盛期の山口百恵に匹敵する2万8000人の会員を獲得。文字通り、トップアイドルとして芸能界を席巻することになる。

 ところが人気絶頂の1989年9月、写真誌が当時の同棲相手だった夫とのデート現場をキャッチする。その後、所属事務所との間にすったもんだがあり、1993年3月6日には記者会見を開いた。

「2月でレコード会社との契約が終わったので、これを機に音楽の幅を広げたい。休養というより、充電かなぁ」

 なんと、突然の休養宣言である。ただ、この時には、

「まぁ、結婚はしたいとは思っているんですが、結婚を前提に付き合っている人はいません。特に限定している人もいなし…」

 この意味深かつ破局を匂わせる発言に、芸能マスコミの間では「やはり、2人の仲は事務所に引き裂かれたに違いない」といった憶測が流れたのである。

 その後、所属事務所も辞めた浅香が、天才アラーキーこと、写真家・荒木経惟氏の手による写真集「FAKE LOVE(偽りの恋)」を発売したのは1994年1月だ。だが、前所属事務所は「94年3月までは芸能活動をしないという約束だった」として、日本音楽事業者協会に提訴。結局、浅香の名前を使うことができず、写真集は本名の「川崎亜紀」として出版されることになった。前事務所関係者は当時、筆者の取材にこう答えている。

「無名の彼女を発掘し、手塩にかけてメジャーに育てたことは事実。ただ、彼女とは契約が切れていて、もうウチとはいっさい関係がないのでコメントする立場にはありません」

 とはいえ、彼女は休業宣言から4年間、積極的な芸能活動ができず、1997年にようやく前所属事務所と和解。芸能界に完全復帰することになるのだが、そんな浅香を長年にわたって支えてきたのが、夫である西川だったというわけだ。

 それにしても「交際期間15年」とは…。令和の今ではおよそ考えられないであろう、一途な純愛を貫いた2人だったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題