スポーツ

アントニオ猪木「元祖セメントプロレスラー」の真実(3)外国人レスラーとの極秘決闘

 アリ戦に備えたスパーリングパートナーに抜擢された藤原喜明が、世紀の大一番を振り返る。

「今になって考えると、引き分けでよかったのかもしれないね。俺は猪木さんが勝ったと思ったけど、元プロレスラーの遠藤幸吉さんが判定をアリの勝ちにしちゃった。試合後、『遠藤、ブチ殺してやる!』って会場中探しまくったけど、遠藤さんが悪役を引き受けてドローにしてくれたんだ。死人が出ないようにね」

 どんな事態が想定されたのか。藤原がその舞台裏について続ける。

「アリ側は万が一に備えて50人からなるアリ軍団を引き連れてきたの。そのひとりひとりに役目があって、トレーニングパートナーだけでなく、猪木さんを精神的に追い詰める心理学者とかヤバそうなのもいた。当時の税関は、VIPは検査がなくて素通りだったから。俺はピストルの弾から猪木さんを守るのも役目だったの。試合後、控室で猪木さんは、独り大声を上げて泣いていた。それを俺が表で誰も入れないようにしてね。その涙、悔しさは、どれだけ真剣に取り組んできたかということですよ」

 アクラム・ペールワン、ローランド・ボックなど海外で行った未知の強豪とのいわくつき対戦にも同行し、常に間近で猪木を見てきた藤原が感じた猪木のすごさとは‥‥。

「どんな戦いでも、怪我したらどうしよう、死んだらどうしようとか、一切考えない。覚悟を持ってリングに上がっていた。それに、カッとなると誰も止められなくなる。グレート・アントニオが舐めた態度を取ったらブチ切れて、顔面と後頭部へのキックとストンピングで戦意喪失させたこともあった。舐められないためにも、来日する外国人レスラーをリングに上げる前に行った俺と猪木さんしか知らないような決闘も3、4回あった。こっちの強さを知らしめておいて〝ヘタしたら殺される〟ぐらいの気持ちにさせるためだったんじゃないの」

 藤原が猪木と最後に会ったのは亡くなる1年半前。YouTubeでの対談だった。

「その前に突然『藤原、お前は天才だよ』と言ってくれて。いい言葉だなと思って『もう1回言ってもらえますか』『天才だよ』『もう1回』そしたら『うるせえ』って。もう猪木さんみたいなレスラーは出てこないでしょう。時代が違うから。言葉は悪いですけど、ブラジルでの奴隷のような生活の話を聞いて、あの生活があったから力道山先生のしごきにも耐えられたと思う。猪木さんの遺伝子を持っているのは俺たちの時代が最後でしょうね」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」