スポーツ

人気美人ジョッキーの素顔を完全攻略!(3)先行馬&小林美駒の安定感は抜群!

 現在9勝の河原田がレース後に武豊(54)からアドバイスをもらうなどレベルアップを図る中、同期の小林美駒(18)も7勝を挙げる活躍をみせている。

「所属先の鈴木伸尋厩舎には、東のリーディングジョッキーの横山武史(24)も所属している。来期から開業する千葉直人先生も調教助手だったので、2人からアドバイスをもらっている姿をよく見ます」(スポーツ紙美浦担当記者)

 9月9日中山6Rでは、単勝242倍(15番人気)のパワポケビーを3番手追走から3着に残した。

「連対数は少ないですけど、先行馬とタッグを組んだ時の安定感はトップジョッキー並みです。前走の4コーナー通過順が3番手以内だった馬は〈3 4 12 32〉で3着内率37.3%(同165%)ですからね。今後もしっかりマークしておきたいです」(伊吹氏)

 昨年51勝を挙げて最多勝利新人騎手賞に輝いた今村聖奈(19)。今年は21勝と精彩を欠いているが、

「狙いはダート戦で、父にストームキャット系種牡馬を持つ馬とタッグを組んだ時です。成績は〈9 7 7 53〉で3着内率30.3%(同86%)で、このうち前走の4角通過順が11番手以内だった馬は〈8 7 7 39〉で3着内率36.1%(同106%)にアップ。1月5日中京4Rで10番人気のシュガーコルトを3着に持ってきましたし、全体的な成績が落ち込み始めた3月以降に限っても、この条件に該当したレースでは優秀な好走率をキープしています」(伊吹氏)

 ストームキャット系産駒が活躍する舞台の1つが福島のダート戦。11月4日から開幕する秋の福島開催は要チェックだ。

「去年の3回福島から今年の夏の福島開催の過去1年に限ると、3着内率は29.7%(同109%)に達しています。今春4月9日の福島3Rでも、小林美駒騎手とタッグを組んだ7番人気のミツカネヴィーナスが3着に健闘。ストームキャット系産駒&女性騎手との組み合わせで穴をあけるパターンは、これからさらに増えてくるかもしれませんね」(伊吹氏)

 河原田&古川が2、3着して大波乱を演出したのも最終レースだったが、1日の終わりには、ドッキリするような激走も多々ある。

 7月30日の新潟12Rでは、今村と永島がワンツーを決めて馬連9070円、3連単は10万170円だった。

「今年の最終レースに限ると女性騎手の3着内率は17.7%ですが、複勝回収率は94%で昨年よりもアップしています。このうち前走4着以内の馬に限ると3着内率37.9%(同122%)なので、前走好走馬に騎乗する時は狙い目です」(伊吹氏)

 GⅠシリーズの裏開催こそ、女性騎手による〝お宝馬券〟が眠っていそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」