芸能

吉高由里子、紅白司会大抜擢も「女優業 数年後には辞めてるかも」

20141125yoshitaka

 有働アナ、嵐とともに、大みそかに行われる第65回NHK紅白歌合戦の司会を務めることとなった女優の吉高由里子。全話平均視聴率22.6%の高視聴率を叩き出した朝ドラ『花子とアン』の主演を努め、過去10年での最高記録を更新した功績は、記憶に新しい。

 一方、同じく大手芸能プロ・アミューズに所属する上野樹里もまた、来年1月期の連続ドラマ『ウロボロス』(TBS系)でヒロインを務めることが発表された。

 実はこの二人、04年に所属していた当時の事務所ごとアミューズへ移籍しているのだ。

「2011年に上野が『江』で大河ドラマ主演、今年は吉高が『花子とアン』で朝ドラの主演ですからね、大きな収穫です。二人とも『天然』とか『問題児』などと言われていますが、中身はかなり違います。上野は作品を選びますし、事前に自分の役だけでなく周りの役の人物像まで想像し、その世界に入り込みます。『天才』と言われ、自分の作った世界観を押し通し、プレッシャーも感じないようです。難易度よりも自分が挑戦したい役しか受けないため、今回も刑事役には抵抗があり断ろうとしたものの、作品の魅力を語ったプロデューサーの熱い思いに打たれ、出演する事になりました」(テレビ局関係者)

 別の関係者は、女優としての性格が違う吉高についてこう話す。

「吉高は作品を選びません。事前の役作りはほとんどせず、その場で監督の要求に応える感じです。ただ、プレッシャーを感じるタイプらしく、主要な役柄で出る際は常に悩み、睡眠不足になる事も多いようです」(芸能関係者)

 上野が「生涯女優」と言っているのに対し、「数年後には辞めてるかも」と話しているという吉高。どこまでも違う二人の性格を物語っているかのようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」