スポーツ

戦力外投手をかき集め…焦る横浜DeNA「枯れ木も山の賑わい」作戦は成功するのか

 これは焦りの表れか。横浜DeNAベイスターズの投手補強プランが、球界内で大きな話題になっている。スポーツ紙プロ野球担当デスクが、DeNAの近況を明かす。

「他球団を戦力外になった投手を、かき集めようとしているのです。特にソフトバンクの森唯斗の獲得調査には積極的ですが、オリックスの育成・中川颯や巨人から戦力外通告を受けた堀岡隼人にも興味を示している。その他の投手にも触手を伸ばしつつあり、大量に投手を獲得する可能性があります」

 DeNAが投手補強に躍起になっているのは、来季の先発投手陣が手薄になりそうだからだ。スポーツ紙遊軍記者が台所事情を説明する。

「今季、先発の柱だったトレバー・バウアーの来季の契約が不透明な上に、今永昇太もポスティングによるメジャー行きを熱望している。この2人が抜ければ、来季は20勝以上の勝ち星が消えますからね。このままでは優勝どころか、Bクラス転落もありうる」

 DeNAは今ドラフトで、地元・横浜高校出身で、社会人No.1野手とされる度会隆輝(ENEOS)の交渉権を獲得した。即戦力外野手で、自慢のマシンガン打線がさらに厚みを増すことは間違いない。だが、即戦力と期待される投手は、ドラフト2位の名城大学・松本凌人と同5位の石田裕太郎(中央大学)の2人だけ。大化けの可能性はあるが、現段階では勝ち星は計算できない。

 そのため、ある程度、実力が分かっている投手を獲得し、戦力になるか見極めようという作戦なのだろう。他球団を戦力外になっても、環境面が変化すれば大化けする可能性はあるからだ。

「戦力外ではないが、現役ドラフトでソフトバンクから阪神に移籍して大成功した、大竹耕太郎のようなパターンもある。戦力外投手なら格安で獲得できますからね。仮に戦力にならなくても、不良債権というほどではない」(前出・スポーツ紙デスク)

 来季、Bクラスに転落するようなことになれば、三浦大輔監督の去就問題に直結する。この「枯れ木も山の賑わい」作戦は成功するのか…。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」