スポーツ

掛布雅之 巨人・阿部のコンバートでどうなる?(1)

20141204p

 巨人の阿部が大きな決断をしました。来季はマスクをかぶらず、一塁に専念するというのです。15年のセ・リーグのペナント争いを大きく左右する事象となりそうです。

 松井が03年からメジャーに戦いの舞台を移し、ここ10年は阿部が「巨人の顔」でした。今季の年俸はNPBトップの6億円(推定)です。打てる捕手として、チームのみならず日本球界を引っ張ってきました。ですが、彼も来季は36歳になります。年齢的な面を考えても、捕手と4番打者の2足のわらじは限界に来ていました。

 衰えは打撃より守備面のほうが深刻だったのかもしれません。今年の阿部の盗塁阻止率は2割7分3厘でした。昨季の3割6分8厘から1割近くも落としてしまいました。盗塁阻止率は3割で合格ラインと言われています。06年には4割4分3厘という高い阻止率を誇った強肩にかげりが見えていました。厳しい言い方になりますが、「捕手・阿部」は賞味期限が近づいていました。このままなら、あと1年、2年でユニホームを脱いでもおかしくなかったでしょう。

 一塁に完全転向となれば、40歳までプレーできる可能性が出てきます。そのための条件としては、もう1回徹底的に走り込んで体をしぼることです。大きくなりすぎていた体をスリムにすれば、膝などの下半身の負担が減りますし、何より体の切れが出てくるはずです。今季は開幕前に首を痛めて打撃のリズムを崩し、そのままズルズルとシーズンを過ごした感じがします。ダイエットに成功し、体調さえ万全で臨めば、本来のバッティングを取り戻せると見ています。

 打撃に専念した場合、どれぐらいの数字がノルマとなるのでしょうか。一般的には3割30本100打点というのが目標ラインかもしれません。でも、私は数字にはこだわらなくていいと思っています。もちろん、今年の寂しい成績、打率2割4分8厘、19本塁打、57打点は上回らないといけませんが、4番打者としてチームを優勝に導けばそれでいいのではないでしょうか。試合数も全試合にこだわらず、体調を考慮しながら100~120試合でベストの状態で打席に立ち続けることを考えるべきです。

 今年の巨人を振り返ってみると、開幕4番の村田が4月下旬に降格して以降、まったく固まりませんでした。アンダーソン、セペダ、長野、高橋由と試され、結局は8月から阿部に落ち着いたのです。原監督も阿部の4番でないと打線が落ち着かないと感じたはずです。来年も数字どうこうより、4番打者としての存在感を示すことが求められているのです。阿部がこだわらなければいけないのは日本一です。チームが日本一になって、「日本一の4番」と言われればそれで十分でしょう。逆に一塁に転向しても4番で機能しないようであれば、「引退」という二文字がよぎります。いずれにしろ、阿部にとっては勝負の年となります。

阪神Vのための「後継者」育成哲学を書いた掛布DCの著書「『新・ミスタータイガース』の作り方」(徳間書店・1300円+税)が絶賛発売中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も