女子アナ

37歳になった田中みな実「女優業」を花咲かせた「眼帯快演ドラマ」の裏側

 11月23日、勤労感謝の日は、タレントで女優の田中みな実の37歳の誕生日だった。

 2009年にTBSに入社して、ぶりっ子キャラで注目され14年にフリー転身。女性誌での大胆なお肌の露出で話題を呼び、気がつけば美ボディのカリスマとなり、19年発売の写真集『Sincerely yours…』は60万部の大ヒット。MC、タレント業ばかりか、現在は女優でも芸能界にポジションを獲得している凄さは今さら説明するまでもないだろう。

「女優業で大きな転機となったのは、20年に放送されて大変な話題になった『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)でしょう。三浦翔平演じるレコード会社社長・マサをストーカー並みの執着心で追い詰める、右目にオレンジ色の眼帯をつけた謎めいた美女役を快演し、話題を呼びました」(テレビ雑誌記者)

 11月18日、YouTubeチャンネル「佐久間亘之のNOBUROCK TV」に、同ドラマを手がけた放送作家の鈴木おさむが出演し、当時の田中についてこんな話をしていた。

「当初、沢尻エリカ主演の本格ドラマを予定していたが、エイベックスから安斉かれんをプッシュされて、それを受け入れた。ただ、演技力も未知数、話題性も弱くなることから、かつての大映ドラマのようなクセの強い作品にしなくれてはと方針を転換。若い出演者らには、そのニュアンスがなかなか伝わらず、放送を見た三浦からは『これで大丈夫なのか?』と相談があったそうですが、田中だけは最初から鈴木ら制作陣の意図を理解しあの役柄を作り上げ、ドラマを成功に導いてくれたとのことでした」(フリーライター)

 これから40代になっても、女優としてさらに評価されていくに違いない。

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意