社会

「日本酒3合弱」で急性アルコール中毒になるってよ…厚労省「飲酒ガイドライン案」の無意味ぶり

 このほど厚労省は、適切な飲酒量などを示した「飲酒ガイドライン案」をまとめた。これは飲酒量を「純アルコール量」で把握。純アルコール量は「飲む量(ミリリットル)×度数×0.8(比重)」で求めることができるとしている。

 その上で、1日に摂取する純アルコール量が「男性で40グラム」「女性で20グラム」を超えると、脳卒中(脳出血、脳梗塞)、高血圧、がん(胃がん、大腸がん、食道がん、肝臓がん、前立腺がん、乳がん、喫煙者における肺がん)など、致死的な生活習慣病の発症リスクが高まって、寿命を縮めることにつながるというのだ。

 では、各種酒類の摂取量に換算した場合、1日あたりのリミット量は、具体的にどれほどになるのか。女性の上限「20グラム」で見ると、以下の通りとなる。

●度数5%のビールで500ミリリットルまで(ロング缶1本か中瓶1本まで)

●度数7%の酎ハイで300ミリリットルまで

●度数12%のワインで200ミリリットルまで(小さいグラスで2杯まで)

●度数15%の日本酒で1合弱まで

 男性の場合はこの2倍量までがリミットとなるが、酒飲みにとっては非現実的に厳しい数字となっている。医療ジャーナリストも、次のように指摘する。

「医学的に正しい基準だとしても、それを実行できるかどうかは別問題です。実行不可能な基準は、基準としての意味がありません。今回のガイドライン案では、男女とも『1回の飲酒で60グラム以上の純アルコール量を摂取すると急性アルコール中毒に陥る可能性があるため避けるべき』とも書かれています。しかし、例えば日本酒3合弱で急性中毒に陥る酒飲みはあまりいないでしょう。どう活用していいのかわからない基準です」

 男女を問わず、左党にとっては意味をなさないガイドラインといえよう。

(石森巌)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」