芸能

立場が逆転!井川遥が突きつけた俳優Kとの「共演NG」

「アラフィフになって、さらに透明感も増して、若い頃より洗練された感じです」

 テレビ関係者が絶賛するのは井川遥(47)だ。放送中の日曜劇場「下剋上球児」(TBS系)では、鈴木亮平演じる熱血教師を叱咤激励しながらも、優しく支える妻役を熱演している。

「最近では母親役も多くなってきましたが、普段はおっとりしているのに、芯の強さを秘めた一途な女性の役では圧倒的な存在感を放ちますね。撮影現場では、飾らないし気さくで、彼女がいるだけで雰囲気が和むんです。お酒も大好きで、共演者やスタッフとも気軽に飲みに行きます」(制作スタッフ)

 井川は短大卒業後、OLとして勤務した後にモデルへ転身。99年の「東洋紡水着サマーキャンペーンガール」でデビューした。

 90年代末から流行し始めた「癒やし系」は、女優でいえば、元祖は飯島直子。そして〝癒やし系グラドル〟としてグラビア界を席捲したのが井川だった。

 そんな人気絶頂の頃に「年齢1歳サバ読み」が発覚する。

「モデルの世界では、オーディションの応募資格が20歳までという規定が多かったので、1歳サバを読んで応募した、という理由なんですが、その事実を本人が雑誌のインタビューで認めたんです。その潔さが好感を持たれ、ダメージは最小限にとどまりました」(女性誌編集者)

 井川自身も、これを機に女優業にも挑戦し始めた。

「あるドラマで、こちらも人気絶頂だったアイドルグループSのKの主演ドラマで共演したんです。人気者同士ゆえにどちらも過密スケジュール。調整が難しく、井川のスケジュールに合わせて撮影せざるを得なくなり、Kが大激怒。しかも、まだ演技力不足だったこともKの不興を買い、以来、共演NGになりました」(スポーツ紙記者)

 プライベートでは06年に14歳年上のファッションデザイナー・松本与氏と結婚。2人の子のママでもある。

「子供たちは2人とも超有名私立校に通わせていて、お受験の時もお手本のようなママだったそうです。芸能界でも板谷由夏や長谷川京子、吉瀬美智子らママ友とは大の仲良しで時間が合えばよく集まって食事に行くほどです」(女性誌記者)

 また、みずからのファッションブランド「loin.」のデザイナーとしても活躍中だ。

 私生活も充実、名バイプレイヤーとして引く手あまたの井川だが、かつての因縁の相手Kとは、その後も共演していない。

「井川サイドは、解散したSの他のメンバーとは共演しています。過去の遺恨があるのか、今は彼女の方がKを共演NGしているようです」(女性誌記者)

 芸能界リアル下剋上か。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」