スポーツ

蝶野正洋「『ほんとに蝶野さんですよね』って確認された」/テリー伊藤対談(2)

テリー アサ芸の読者にも、例えば定年になって、肩書がなくなった人って大勢いると思うんですけども。本の中に「プライドが捨てきれない」っていう相談が出てくるじゃないですか。やっぱり会社でそれなりの役職に就いたりしてた人が急に考えを変えるって難しいですよね。

蝶野 でも俺はね、逆にそれを楽しんだ方がいいと思うんですよ。実はこの間、下の女の子のバースデーケーキを、当日にサーティワンアイスクリームに買いに行ったんです。

テリー 誰が?

蝶野 俺がです。自分の子供のケーキを。

テリー ええっ、蝶野さんが? あまりにも意外すぎて、今、普通に「誰が?」って聞いちゃいましたよ。

蝶野 アハハハ。それでですね、車で行ったんですけど、ちょっと慌ててたもんだから、髪もボサボサで、サングラスもせずに店に入ったんですよ。そしたら、先に待ってるお客さんで全身に刺青が入った、体のゴツい奴がいて、たぶん総合格闘技か何かやってる奴だと思ったから、終わったら「お前、何やってるんだよ。プロレスでもやれば?」って声かけてやろうと思ってたんです。

テリー なるほど。

蝶野 そしたら、向こうから「すみません、蝶野さんですよね」って声をかけてきたから、「ああ、そうだよ。いい体してるね。何やってるの?」って聞いたら、「元プロレスラーです」と。大日本プロレスの元選手だったんですよ。で、アイスを買って、車で帰ろうと思ったら、そいつに「ほんとに蝶野さんですよね」って確認されたんですよ。

テリー ん、何で?

蝶野 それでバックミラーでパッと自分を確認したら、単なるオヤジにしか見えなかったんですよ。

テリー ああ、そうか。サングラスもしてないし。

蝶野 最近そういうこと多いんですよ。「すみません、蝶野さんですか? 握手してください」みたいな。多分、昔と違って腰は曲がってるし、「蝶野に似たおじいさんだな」とか思われてるんでしょうね。

テリー 特に杖ついて歩いてた時なんかはね。

蝶野 で、前はそういうの「蝶野に決まってるだろ」って、ちょっと不愉快だったんですけど、最近面白くなってきたんですよ。

テリー ああ、それは素晴らしいな。

蝶野 「あれ? 蝶野に似てるけど‥‥」っていうやり取りが何か好きになってきて。そういう変化とか変身ぶりっていうのは、もっと楽しんでいいんじゃないかと思いますよね。

テリー すごくわかります。老いていく自分をどう楽しめるかっていうのは、ほんとに大事なことですよ。

蝶野 腰がひどくなって、手術する前も空港とかの移動は車椅子じゃないとできなかったんですね。で、最初はそれも恥ずかしいなって思ってたんです。車椅子がなくなって腰が曲がって歩いてるのも何かね。

テリー 蝶野さんのイメージもあるしね。

蝶野 そうですね。でも、満足に歩けなかったのに、今は普通に歩けてるのが、すごい喜びだし、コンビニでもどこでも自分の足で歩いて行けるっていうのがうれしくてしかたないんですよ。だから、過去のものは過去のもので、俺はいいんじゃないかなと思ってますけど。

テリー 「前はこうだったのに」とか、あんまり昔の自分に固執してもね。

蝶野 だから同窓会なんかで集まったら、みんな杖ついて「どれだけ年取ってるか」って競争してもいいと思うんですよ。最近、長州(力)さんや藤波(辰爾)さん、武藤(敬司)さんとよくYouTubeで集まってしゃべるんですけど、そんな話ばっかりですよね(笑)。

ゲスト:蝶野正洋(ちょうの・まさひろ)1963年、米シアトル生まれ。1984年、「新日本プロレス」入門。海外遠征を経て、1989年に帰国以降は武藤敬司、橋本真也と「闘魂三銃士」として活躍、数々の名勝負から「黒のカリスマ」と呼ばれる。1996年、「nWo JAPAN」を結成し、一大ムーブメントを巻き起こした。2010年からフリーランスとして活動。以降はAED救命救急、地域防災の啓発、東日本大震災の復興支援など様々な社会貢献活動を行う。最新著書「『肩書がなくなった自分』をどう生きるか」(春陽堂書店)発売中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道