社会

雪の上に「一本足のU字型足跡」が60キロも点々と…住民をパニックに陥れた「デヴォンシャーの悪魔」犯人探し

 12月に入り、いよいよ日本列島各地で積雪が観測されるようになった。気象庁の予測によれば、今年は比較的暖冬だとされるが、地域によっては大雪によるトンネル内での立ち往生発生が予想されるため、豪雪地帯での車の運転には十分な注意が必要になるという。

 世界には、雪の日にまつわるミステリーや不思議な現象が少なくないが、1855年の発生以来、いまだ解き明かされていない怪現象がある。それがイングランド南西部のデヴォンシャー(現在のデヴォン州)で起きた「デヴォンシャーの悪魔」騒動だ。

 1855年2月8日の朝、デヴォンシャーの町は前日からの雪で、一面が銀世界になっていた。そんな中、同州にあるトップシャム村の小学校校長が自宅玄関の前で、長さ約10センチ、幅約7.5センチの、U字型の蹄鉄のような足跡を発見した。

 ところが奇妙なことに、この足跡は2列ではなく、どこまでも一直線で点々と続いていたのである。

「通常、野生動物が歩いたのなら、足跡が左右交互に2列でなければおかしい。それが不思議なことに、1列だったわけです。しかもその跡は、蹄鉄を装着した何らかの一本足のものがピョンピョン跳ねてできたと思われました。さらに驚いたのは、この足跡が村から60キロ離れたドーリッシュの町まで続いていたこと。もちろん途中には高い塀や2階建て家屋もあるわけすが、なんと足跡は屋根の上にも残されていた。そこで村じゅうがパニックに陥ってしまったのです」(超常現象研究家)

 この事件は同年2月16日付の「ロンドン・タイムズ」で大々的に報道され、その存在がイングランド中を駆け巡ることに。小さな村には連日のように専門家が訪れ、さっそく「犯人探し」が始まったというが、

「動物学者の多くはカワウソやアナグマ、カンガルー、ハツカネズミといった野生生物か、あるいは塀を乗り越えたり、屋根を歩いていることから、ツルや七面鳥、カモメといった鳥類説を唱えました。ただ、野生生物や鳥ならなぜあの夜だったのかという疑問が解けない。さらに、仮に人間が長い棒にU字蹄鉄を付け、烙印を押して回ったとするなら、人間の足跡もあるはずだし、だいいち一晩で60キロも移動できるはずがない。そこで超常現象の研究者からは、宇宙人が焼きゴテを持ってスタンプのように足跡を残していき、目撃者の記憶を消したのではないか、との説も浮上した。なんと宇宙人説も飛び出す騒動に発展したのです」(前出・超常現象研究家)

 不思議なことに、この現象が出現したのはこの一度きり。事件から170年近くたった現在もなお、その正体は判明していない。まさに雪と共にその真実が、あとかたもなく消えてしまったのである。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」