スポーツ

「そして理事長だけが生き残った」日本大学アメフト「廃部」の陰でまんまとしてやった林真理子の「老獪なる保身術」

 11月28日、日本大学は競技スポーツ委員会を開き、違法薬物事件で揺れるアメリカンフットボール部について、部の存続を認めず「廃部」とすることを決定した。

 学生日本一を決める甲子園ボウルで関東最多となる21回の優勝を飾り、1940年の創部以来、「不死鳥フェニックス」の愛称で親しまれてきた名門チームの消滅。アメフト部OBの間から「事件に関係のない選手らが気の毒だ」との声も上がる中、大学内では林真理子理事長に対する「疑念」が、燎原の火のように広がり始めている。大学本部に籍を置くある幹部も、2018年の悪質タックル問題に続く今回の薬物事件について、次のように疑問を口にするのだ。

「11月27日には部員から3人目となる逮捕者が出ており、廃部は避けられない事態だったと言えます。しかし、日本最大の学校法人を統べる林理事長は、理事会による報酬50%カット勧告こそ受け入れたものの、自らの進退についてはいっさい口に出そうとしない。アメフト部の廃部で逃げ切りを図るつもりなのか。いずれにせよ、これではトカゲの尻尾切りと言われても仕方がないだろう」

 林理事長に報酬カットを勧告した第三者委員会は、返す刀で酒井健夫学長と沢田康広副学長の辞任を要求した。両氏はすでに辞任を受け入れているが、怒りの収まらない沢田氏が「最後っ屁」とばかりに、林理事長に対して1000万円の損害賠償を求める「パワハラ訴訟」を起こしたことは、本サイトが11月28日に配信した記事でも指摘した。

 アメフト部の寮で大麻と思われる植物片を発見しながら、12日間も警察に通報せずにブツを保管していた沢田副学長はともかくとして、第三者会は林理事長と酒井学長に対しても「ガバナンス(組織統治)が機能していなかった」と断罪していたはずだ。にもかかわらず、なぜ林理事長はセーフで、酒井学長はアウトなのか。前出の幹部が言う。

「第三者委員会は、理事会の要請によって組織されたもの。そして理事会のトップは林理事長です。その理事長のもとで酒井学長と沢田副学長は辞任を勧告され、アメフト部は廃部に追い込まれたということです。結局、生き残りを図って成功したのは林理事長だけ。結果から見れば、林理事長の老獪な保身術にまんまとしてやられたということです。ハッキリ言って、日大の再生は難しいでしょう」

 手に入れた権力は、やはり蜜の味なのか。直木賞作家よ、晩節を汚すことなかれ。

(石森巌)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」