芸能

「ふぞろいの林檎たち」山田太一さん逝去!「後悔のない脚本家人生」を見習いたい

 小説家で脚本家の山田太一さんが老衰のため、神奈川県川崎市の施設で亡くなっていることが、12月1日にわかった。享年89。

 山田さんは早稲田大学を卒業後、松竹に入社した。「二十四の瞳」「楢山節考」といった昭和の名作を監督として手掛けた木下惠介氏に師事。1965年に退社して、フリーの脚本家に転身している。

 山田さんが脚本を担当した代表的なテレビドラマとして、1983年の「早春スケッチブック」(フジテレビ系)、「ふぞろいの林檎たち」(TBS系)を挙げる人は多い。しかし「早春スケッチブック」は、小市民の葛藤と挑戦を描き、脚本性に優れているとの評価を得ながら、平均視聴率7.9%(ビデオリサーチ調べ)と低迷した。

「これには裏番組が大きく影響しています」

 と振り返るのは、ドラマ評論家である。続けて、

「高視聴率の連発で『金妻ブーム』の社会現象まで巻き起こした『金曜日の妻たちへ』(TBS系)ですよ。この年は他にも、最高視聴率26.8%を記録した、堀ちえみ主演の『スチュワーデス物語』(TBS系)が放送されており、『テーマ性』から『エンタメ性』への転換期となった年かもしれません。その点、『ふぞろいの林檎たち』は、サザンオールスターズの大ヒット曲『いとしのエリー』を主題歌に、中井貴一、時任三郎、手塚理美、石原真理子、柳沢慎吾といった、若者から支持を受ける人気俳優を生み出していきました。1997年放送のパートⅣまで制作されたのは、ご存知の通り。見事にエンタメ性を意識した名作と言えるでしょう」

 2017年1月に脳出血を患い、

「もう脚本家として原稿が書ける状態ではありませんが、後悔はしていません。これが僕の限界なんです」

 と断筆宣言をしていた山田さん。後悔のない人生を見習いたいものである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」