政治

「自由裏金党」安倍派「巨額パー券疑惑」事件化秒読みで岸田政権を震撼させる「大物案件」も出る

 自民党5派閥(安倍派、二階派、茂木派、麻生派、岸田派)による「政治資金パーティー疑惑」が、緊迫の局面を迎えている。

 中でも最大派閥の安倍派(清和政策研究会)には、パーティー券収入の一部を同派の所属議員に還流し、政治資金収支報告書に記載しないまま、ここ5年で合計1億円を超える「ヤミ金」を捻出していた疑惑が浮上。東京地検特捜部が立件に動き始めているのだ。

 さらに二階派にも新たに、報告書に記載されていなかった問題が発覚。5派閥に共通する手口は、こうだ。各派閥はパー券の販売ノルマを所属議員に指示⇒所属議員が企業や団体や個人にパー券を販売⇒各派閥はノルマ分の収入だけを収支報告書に記載⇒ノルマ分を超えた収入は各派閥から所属議員にキックバック⇒所属議員はキックバック分を収支報告書に記載せず、というものだったとされている(二階派はノルマ超え分は不記載で、議員へのキックバック分は派閥側の支出、議員側の収入として記載)。

 東京地検特捜部が安倍派に注目しているのは、派閥側と所属議員側を合わせた不記載や虚偽記入の総額が、5年間で数億円に上るとみられているからだ。事実、安倍派の所属議員の間からは「パンドラの箱が開けられてしまった」との悲痛な声が上がっている。

 というのも、1億円を超える不記載や虚偽記載が発覚した過去の案件では、執行猶予付きとはいえ、いずれも禁固刑という厳しい判決が言い渡されているからだ。では今回の疑惑は、どのような展開になるのか。全国紙司法担当記者が指摘する。

「現在、安倍派は松野博一官房長官、西村康稔経済産業相、萩生田光一政調会長、高木毅国対委員長、世耕弘成参院幹事長の『5人衆』による集団指導体制下にあります。このうち、高木氏は安倍派の実務を取り仕切る事務総長を務めており、松野、西村の両氏も安倍派の事務総長経験者。安倍派に限らず、東京地検特捜部が一連の不記載、虚偽記載を『悪質』だと認定すれば、間違いなく『事件化』となるはずです」

 本サイトが11月15日に公開した記事では、来年の年明けには岸田政権を震撼させる「大物閣僚案件」が炸裂する可能性を指摘した。

 泥舟岸田丸の難破と沈没は「秒読み」に入ったと言っていいだろう。

(石森巌)

カテゴリー: 政治   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬