スポーツ

林真理子理事長が自信満々「日大改革」で編成する「タスクフォース」スポーツ界重鎮メンバー

 日大アメフト部の違法薬物事件に関して、同大学の林真理子理事長らが12月4日、記者会見を行った。会場には45社、総勢149人もの報道陣が集まった。

 林理事長が出席した会見は今年8月以来とあって、予定時間を大幅にオーバーして2時間45分にも及んだ。冒頭、謝罪の言葉を述べた林理事長だったが、自身の責任については「改革を成し遂げる責任を全うしたい」と辞任を否定。アメフト部の存続問題について「継続審議中なので、私(林理事長)の考えはご容赦いただきたい」など、発信したコメントのほとんどは具体性に欠けるものばかりだった。

 それでも林理事長は日大改革に自信満々という。今後、自身の人脈を駆使して改革のタスクフォース(任務を遂行する部隊)を編成するため、現在そのメンバーと交渉中というのだ。声をかけているのは、2004年アテネ五輪ソフトボール代表監督だった宇津木妙子氏や、このほど文化勲章を授章した川淵三郎氏などスポーツ界の重鎮たち多数。川淵氏は日本のボール競技の強化を目指したトップリーグ機構の会長でもあり、同機構にはアメフトも所属している。

 この日の会見ではアメフト部の廃部を決議した益子俊志・競技スポーツ運営委員長も同席して「大学として学生の安全が担保できないという結論に至った」とコメントしている。同委員長は早大ラグビー部で「猛将」と言われた名選手で、同部でも監督を務めた。

 林理事長のこの日の会見自体は空回りで終わった感があったが、ウラで自身の言う「改革」に向けての人選は着実に進んでいる様子。「とにかく山を登らなきゃいけないという気持ちでいっぱいだ」と、さらさら辞任する気はないようだ。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」