芸能

いつのまにかネガティブな表現に!?西島秀俊のお相手が変えた「プロ彼女」の新定義

20141204nishijima

 先ほど、2014年の流行語大賞が発表されたが、あと少しだけ早く話題になっていれば有力候補となったであろう新語が「プロ彼女」だろう。

 もともとは、漫画家の久保ミツロウとエッセイストの能町みね子が、ロンドンブーツ1号2号の田村淳の妻について表現した容姿端麗で性格も完璧な「非の打ち所がない彼女界のトップ」という意味だった。

 ところが、先月、西島秀俊が16歳年下の一般女性との結婚を電撃発表するや、そのお相手の女性にも「プロ彼女」との称号がつけられ始めた。しかし、彼女の場合はロンブー淳の妻とは少し意味合いが違うようだ。

「小雪似と言われる西島のお相手は、元会社員とは言っても某大手自動車メーカーのキャンペーンガールだった。この女性を指す『プロ彼女』とは、〈元モデルや元コンパニオンで相手の男性のイメージを損なわないよう“一般女性”のフリをしている〉〈美貌を武器にしスポーツ選手や芸能人としか交際しない〉といったネガティブな意味が含まれている。そんなやっかみの声が上がるのも、西島の結婚にショックを受けている女性が多い証左ですが」(芸能ライター)

 マスコミに発表されたところによると、西島のお相手は明るく穏やかな性格だというが‥‥。

「キャンペーンガール時代に友人だったという女性に話を聞いたら、『明るいけど、根は穏やかではないわよ。とにかく派手好きなので西島さんが心配』と言っていましたね」(前出・芸能ライター)

 難攻不落と言われた西島を見事に一本釣りしたあたり、かなりしたたかな「プロ彼女」なのかも。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン