芸能

菅原文太「最後の主演作」を巡る高倉健との“奇縁”

20141204sugawara

 11月28日に亡くなっていたことがわかった菅原文太(享年81)。同時代を生き、ともに、「男」を演じる名優として並び称された高倉健(享年83)に続く訃報だっただけに師走の日本に衝撃を与えたが、2人の共演している映画は10本ほどと当時の映画製作本数を考えるとそれほど多くない。そこには両者の似ているようで似ていない方向性の違いもあったようだ。

 2人が共演しているもので特に有名な作品は、「山口組三代目」(73年)と「神戸国際ギャング」(75年)。

 どちらも主演は高倉だったが、「神戸国際──」が公開されて以降、高倉はヤクザ映画からの脱皮を模索していたようで、ほどなくして「幸福の黄色いハンカチ」で国民的評価を得る。その後はヤクザがらみの役柄といっても、ヤクザの過去を背負った陰のある男、というものが多かった。

 一方の菅原は高倉が「幸福の──」に主演した77年にシリーズ第1作、翌年まで計3作が作られた「日本の首領」シリーズのほか、「総長の首」(79年)「制覇」(82年)でも現役ヤクザ役を迫力満点に演じている。

 そして、実写映画としては最後の主演作となった「わたしのグランパ」(03年)では、刑務所帰りの侠気あふれる老人が、中学生の孫娘の身にふりかかるトラブルを解決していくという、昔ながらの侠客をほうふつとさせる役柄を好演しているが、映画ライターが明かす。

「実は、この役、当初はこの主演の老人役には高倉がイメージされていたそうなんです。実際にどの程度詰められていたかはわかりませんが、今思えば、後年の高倉がこうした古きよきヤクザのような面を描いた作品をオファーされていたとしても、断っていたであろうことは想像に難くありません」

 ちなみにこの作品は、今をときめく石原さとみの映画デビュー作。まだ十代半ばの初々しい演技も見どころの一つだが、菅原の役どころを高倉が演じていたらどうだったか…などと想像しつつ「追悼鑑賞」してみる価値もありそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!