スポーツ

藤浪晋太郎のメジャー契約を難航させる「強いこだわり」と「いろいろな条件」

 オリオールズからFAとなっている藤浪晋太郎のメジャーリーグ契約が、やはり難航している。

 代理人のスコット・ボラス氏が日本時間12月7日、アメリカ・テネシー州で行われているウインターミーティング会場でインタビューに応じ、「すでに2、3球団からオファーがきている」と発言。来季の契約に自信をのぞかせているが、事態は簡単に進まないようだ。MLBを長年取材するスポーツライターは、その理由について次のように話す。

「オファーがあるといっても、全ては救援投手としてのもの。先発に強いこだわりを持つとはいえ、藤浪を先発投手として獲得する球団はないでしょう。しかも藤浪本人は、マイナー契約にも難色を示している。同じ日本人の先発投手なら、山本由伸や今永昇太の評価の方がはるかに上ですからね」

 その上、今オフのFA戦線の目玉である大谷翔平の動きにも、大きく左右されている。前出のスポーツライターは今後の動向について、

「MLBのFAやポスティングは、大物から決まっていくのが相場。藤浪クラスの選手が決まるのは、大物選手の処遇が全て決まってからになります」

 阪神時代から藤浪を知るスポーツ紙記者は、別の不安要素も口にする。

「今季の投球によって、藤浪の悪い面が出てくる可能性もある。それは現状に満足してしまう性格です。阪神で尻すぼみになったのも、そのせい。この1年ですっかり大物メジャーリーガーと勘違いするようなら、研究もされるし、来季は苦しいでしょうね。メジャーリーグはそんなに甘くないです」

 大阪桐蔭高校時代は大谷のライバルと呼ばれ、藤浪もその過去の栄光にすがっている部分もあるが、それは昔の話。

「とにかくアメリカでプレーを続けたいのなら、今はまだいろいろ条件をつけるべきではない。先発をやりたければ、マイナー契約でもいいという覚悟で臨まないと。現段階でメジャーでのプレーを望むなら、早々と救援投手として契約し、トレーニングを開始するべきです」(前出・スポーツ紙記者)

 バラ色のメジャー生活を送れるかどうかは、本人の踏ん切り次第なのである。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談