スポーツ

「タダ働き批判」に大阪市長がキレた!阪神とオリックスが優勝しても「来年の凱旋パレードはやらない」のズレっぷり

 実に38年ぶりとなる日本一の栄冠に輝いた阪神タイガース。一方、2年連続の日本一こそ逃したものの、3年連続でリーグ優勝を果たしたオリックスバファローズ――。

 その両チームの功績を称えるべく、11月23日に開催された凱旋パレードをめぐり、大阪市の横山英幸市長が12月7日、来年以降、両チームが優勝しても凱旋パレードを開催しない可能性があるとの見解を表明し、大きく波紋を広げている。

 両チームの凱旋パレードは大阪市内(御堂筋など)と神戸市内(三宮中央通りなど)で、それぞれ午前と午後に分ける形で計4回、開催された。実はこの時、来場者の誘導などのため、大阪府と大阪市から約2500人の職員がボランティアとして動員されていたことから、大阪市議会などから「タダ働き」との批判の声が上がったのだ。

 ちなみに、兵庫県や神戸市から動員された約1500人の職員は「公務扱い」とされ、平日を休日に振り替えるなどの措置が講じられた。一方、大阪府と大阪市は「特定球団のイベントに対する公費負担は違法のおそれがある」との判断から、職員のボランティア動員、すなわち無給動員が決定された、という経緯があった。

 皮肉にも、無給動員がかけられた11月23日は「勤労感謝の日」。そしてタダ働き批判が高まる中、横山市長は次のようにブチ切れてみせたのである。

「開催して批判されるなら、判断は慎重にならざるをえない。(来年は凱旋パレードを開催しないことも)十分にありうる」

 横山市長は「大阪維新の会」を担う若手のホープであり、大阪維新の会はいわゆる「身を切る改革」を旗印としてきた。地元記者は次のように指摘する。

「横山市長の心のどこかに『この際、職員はタダで働かせておけばいい』という、驕りに似た気持ちがあったのではないですか。市長は役所に詰めかけた記者団に『開催して批判されるなら』と語っているが、凱旋パレードの開催それ自体が批判されているわけではなく、論点が大きくズレている。両チームの快挙が関西経済にもたらした波及効果には計り知れないものがあり、そのあたりをどう考えているのかも気になりました。いずれにせよ、市長の発言でせっかくの祝勝ムードがシラケてしまったことは間違いないでしょう」

 そもそも「身を切る改革」と言うなら、カネ食い虫の大阪万博はどうなのか。虎党では人後に落ちない筆者としても、38年ぶりの歓喜に冷や水をぶっかけられた思いである。

(石森巌)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」