スポーツ

大荒れ!ソフトバンク「保留者続出」契約更改の「ちょっと待って下さい!」な「データ診断」現場

 重大事態発生である。ソフトバンクホークスの三森大貴が12月20日の契約交渉で年俸4500万円からの減額提示を保留した。ソフトバンクの今オフは大荒れで、1回目の交渉で保留したのは、現役ドラフトで日本ハムへ移籍した水谷瞬のほか、谷川原健太、柳町達と合わせて4人目となった。交渉に同席する三笠杉彦GMは、

「頑張った選手が多い。査定と選手のイメージに少し差がある。保留しないでね、ということはない。選手が考えて、何回でも話をしたいということであれば、球団としてもしていきたい」

 と語っている。

 近年はモメているイメージをなくすために事前折衝を行い、保留者抑制に努めているはずだが、なぜここまで保留者が続出しているのか。スポーツライターが解説する。

「背景には複雑化している査定ポイント制度があります。ひと昔前はドンブリ勘定で年俸が決められていましたが、今は違う。1試合ごとに細かくデータ診断された、詳しい査定資料が出ます。ところが、それを精査する間もなくハンコを押さないといけないので『ちょっと待って下さい!』となってしまっている。査定ポイントやデータをじっくり見てからゆっくり交渉したい、という選手が保留している印象です」

 今年のソフトバンクの特殊事情も関係しているという。

「交渉を統括するフロントが、西武からFAで獲得した山川穂高の調査に、かなり時間を費やしていました。他の選手との事前交渉が丁寧にできていなかった可能性はあります」(前出・スポーツライター)

 山川獲得に明け暮れ、他の選手を軽んじるということはないだろうが、球団が慌ただしかったのは間違いなかろう。波乱のソフトバンク勢の契約交渉は今後、どうなるだろうか。

(田中実)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった