芸能

長寿番組が続々終了の波に飲み込まれる「次に危ない情報・バラエティー番組」

 2023年も長寿の情報・バラエティー番組の終了が続いた。春には「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)、「所JAPAN」(フジテレビ系)、「スッキリ」(日本テレビ系)。秋には「マツコ会議」(日本テレビ系)、「VS魂グラデーション」(フジテレビ系)、「キスマイ超BUSAIKU!?」(フジテレビ系)、「TOKIOカケル」(フジテレビ系)などなど…。

 また24年春には「世界ふしぎ発見!」(TBS系)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)、「1億3000万人のSHOWチャンネル」(同)の終了も発表されている。

「テレビ離れが進み視聴率が低下して予算削減となると、長年貢献してきた大物タレントはギャラが高いのでコスパが悪いということになる。しかも近年はコンプラが厳しく、クレーム対策も大変。もちろんマンネリ化もあるので、長寿番組が守ってもらえなくなった」(芸能ライター)

 では、24年に危ない番組はどれか? 23年12月、「SmartFLASH」では「もう打ち切りでいいワイドショーランキング」を伝えていた。そこでは1位が「アッコにおまかせ!」(TBS系)、2位「ミヤネ屋」(読売テレビ・日本テレビ系)、3位「サンデーモーニング」(TBS系)、4位「DayDay.」(日本テレビ系)、5位「サンデー・ジャポン」(TBS系)となっている。特に1位の「アッコにおまかせ!」は得票数がダントツで、最も番組終了の危険度が高いと見ていいのかもしれない。

「TBSは31年半の歴史があった『噂の!東京マガジン』を21年4月、BS‐TBSに移行させ、37年半続けてきた『ふしぎ発見!』のレギュラー放送も来年終了が発表されている。さらに38年の歴史がある『おまかせ!』が続いても不思議はありません」(テレビ誌ライター)

 理由についてはこんな指摘がある。

「内容的にもマンネリ化しており、取り巻きがアッコさんの機嫌を取りつつ、内輪だけでやっている印象も否めない。芸能界のご意見番であるアッコさん自身も、年齢のせいか切れ味がなくなってきましたからね」(前出・芸能ライター)

 そろそろ潮時かもしれない。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】