スポーツ

【日本ハム】補強と整形大成功で新庄監督はご機嫌!命名権を叩き売る札幌ドームとの「明暗」

 2年連続最下位で3年目を迎えた、日本ハム新庄剛志監督がご機嫌だ。

 1月9日のスタッフ会議終了後、「ドラマも3、4作目が一番面白い。今年は3年目。クライマックスは起こる。ドラマは必ず作ります」などと高笑い。かと思えば、「鼻を高くして(頬を)吸引した」と美容整形したことまで明かしていた。聞けば無呼吸症候群対策だそうで、これでスッキリ睡眠も取れるという。

 日本ハムはこのオフ、大型補強を連発した。オリックスからFA宣言をした山崎福也投手を6球団争奪の末、4年総額8億円以上の大盤振る舞いで獲得。日米7球団以上が獲得に手を挙げたドミニカ出身のフランミル・レイエス外野手も、このほどロイヤルズからの日本ハム入りが決まり、新庄監督は「僕が一番びっくりしています。球団も本気を出してくれました」とニンマリ。「今年は目立ちまくる、喜ぶことは喜び、悔しがる時は悔しがるから」と続けていた。

 日本ハムの大型補強は本拠地球場「エスコンフィールド」の効果にほかならない。人気球団の物差しの一つとなる「年間300万人動員」も9月に達成。2019年は9.5億だった営業利益が昨年は26億円を超えた。

「新球場効果に加え、これまで10億円以上の家賃(球場使用料)を札幌ドームに払っていましたからね。これも大きかったです。札幌ドーム時代は球場の売店で日本ハム商品を売ることができず、他の精肉会社の球場グルメを売っていたなんて笑えない話もありましたから」(日本ハム担当記者)

 その日本ハムに出て行かれた札幌ドームでは、新庄監督がご機嫌の発言をした同日、年間2億5000万円以上、複数年契約(2〜4年希望)で施設の命名権(ネーミングライツ)の募集を発表している。

「2011年には今回の倍の年間5億円以上でネーミングライツの募集をかけていますが、見向きもされなかった。今さら感はありますね」(前出・日本ハム担当記者)

 ちなみに札幌ドームの所有者は札幌市。最下位続きの日本ハムには光が見えつつあるが、こちらは冬季五輪招致の失敗など空振り続きである。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴