スポーツ

【アジア杯】イラク戦惨敗の理由は「優勝候補筆頭」「史上最強」への驕り

「良い守備から良い攻撃を」と、森保ジャパンの基盤になっているのは堅守である。ところがアジア杯グループリーグ2連戦(ベトナム、イラク)でともに2失点。しかもイラクに敗れグループリーグ1位通過の可能性も消滅した。

 大会前、日本は断トツの優勝候補筆頭に挙げられていた。2022年W杯カタール大会でドイツ、スペインを撃破し、昨年からは日本代表史上最長の10連勝を記録したのだから当然といえば当然だ。では、そんな森保ジャパンに何が起きたのか。

 あまりにも前評判が高いからなのか、対戦相手に徹底的に分析されている。日本の攻撃の中心である右サイドの伊東純也は完全に対策され、得意のスピードを封じられた。

 イラクに至っては、前線に190㎝のアイメン・フセインを置きロングボールを多用し、日本の最終ラインを上げさせなかった。ラインを上げて中盤をコンパクトにし、激しいプレスからショートカウンターという日本の武器は封じられた。

 日本はストロングポイントを消されただけではなく、イラク戦の2失点は右サイドを崩された。つまり右サイドバックの菅原由勢の裏を狙われた。ベトナム戦の2点目も菅原の裏を狙われ、ファウルで止めたセットプレーからの失点だった。

 菅原の良さは攻撃力。その正確な右足のキックは大きな武器であり、伊東純也との連携もいい。ただ、裏を狙われているだけに、菅原は思い切って高いポジションを取れない。それが伊東との右サイドが機能していない原因のひとつでもある。

 またGKの鈴木彩艶にも批判が集まっているが、彼は昨夏にベルギーのシント=トロイデンに移籍し、初めて所属クラブでレギュラーになったばかりの選手。もちろん身体能力が高く将来性もある。だからといって所属クラブでレギュラーになり10数試合出場したばかりの選手を、いきなり代表で先発させるのはどうだろうか。将来性があるから育てるというのであれば間違いだ。代表は選手を育てる場所ではない。育てるのはクラブである。

 ただ、それ以上に気になったのがゲームの入り方である。イラクが開始早々から全開で入ってきたのに、日本は受けてしまった。それはベトナム戦も一緒で相手の様子を見ながら試合をしている。アルゼンチン代表やブラジル代表じゃあるまいし、受けて立つほどの力はまだない。

 日本はチャンレンジャーであることを忘れている。優勝候補筆頭、史上最強と言われているが、それが本当かどうか試されるのが今回のアジア杯だ。

 つまり王者として防衛するのではなく、アジア王者を目指しているチームだということを忘れている。

 決勝トーナメントに入れば負ければ終わり。グループリーグでの受けて立つような戦いは命取りになる。試合開始早々、自分たちから仕掛ける、アクションを起こす。そんなアグレッシブサッカーが求められる。

(渡辺達也)

1957年生まれ。カテゴリーを問わず幅広く取材を行い、過去6回のワールドカップを取材。そのほか、ワールドカップアジア予選、アジアカップなど数多くの大会を取材してきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること