芸能

山本高広「マネージャーさんも経理もいないので、全部僕がやってます」/テリー伊藤対談(4)

テリー 最近、個人事務所を立ち上げて独立したんでしょう。

山本 そうですね。単純にもう自分でやれるなと思って。マネージャーさんも経理もいないので、全部僕がやってます。

テリー 大変でしょう。

山本 いや、自分で直接やった方が効率はいいですね。スケジュールを仮で押さえられちゃうと休めないし、常にマネージャーさんとも「あれ、どうなりました?」「いや、まだ連絡がなくて確定してないんですよ」とか連絡を取り合わなきゃいけないのが、意外とわずらわしかったんですよ。

テリー 不安はなかった?

山本 いや、不安でしたよ。だから、知り合いの社長さんや経理の方に色々アドバイスしていただいて。もう辞めちゃったんですけど、前の事務所のマネージャーさんにお金のことも聞きましたね。

テリー 「ギャラ交渉はどうやればいい」みたいな?

山本 でも、テレビも営業もだいたい金額は決まっていて、前の事務所に所属してた時と同じなので、あんまりギャラ交渉みたいなのはやらないですね。

テリー マネージャーさんってテレビ局に売り込んだり、仕事も取ってきてくれますよね。

山本 それも自分でやってます。今まで知り合ってきた方に片っ端から連絡したり。常に営業はしてますね。

テリー モノマネだけじゃなく声優業もやってるじゃないですか。それも当然続けていくんでしょう?

山本 そうですね。やっぱり映画が好きなので、40歳ぐらいから始めたんですけど。楽しくてしょうがないですね。

テリー いろんな声を出せると有利なんですか。

山本 いや、それは全然関係ないですね。声優はやっぱりお芝居なので。

テリー あ、そうなんだ。

山本 声だけの表現ってメチャクチャ難しいんですよ。そこにさらに「俺はこういう声が出せるからやってみよう」と思っても、その声で喜怒哀楽を表現できるかといったら、それは別ですし。あと、何回もディレクターさんと「そこはそうじゃなくて、こういう表現でお願いします」ってやってると、最初に出してた声を忘れちゃうんですよ。

テリー ああ、そうか。

山本 アニメとかコメディタッチのものは声を変えたりもしますけど、シリアスな外画とかだと、結構、自分の声でやってます。

テリー キャラクターの声の設定っていうのかな、それは自分で決めていいの?

山本 僕が経験したので言うと、まずブースに20〜30人の声優が入って、「ここからここまでやってみましょう」ってみんなでシーンを1回やってみるんですよ。

テリー まず、それぞれが考えたプランで演じるんだ。

山本 そうです。で、それが終わったら1人ひとりにキャラクター説明があって、「このキャラクターは後に怖くなっていくので、もっと低めでお願いします」とかディレクションが入る感じですかね。

テリー そういうのってチームプレイじゃないですか。失敗したらやり直しっていうプレッシャーは?

山本 あります。最初の頃、僕が失敗したら、大御所の方が舌打ちしながらブースから出ていきましたからね。「怖っ!」て思って。

テリー 「キター!」って言えばいいじゃない。

山本 言えませんよ。「お前、ナメてるのか」って怒られます。でも、そういうのを経て、今があるので。

テリー ほんとそうだよね。ちなみに織田さんには会ったの?

山本 いや、全然お会いする機会がなくて。いつかご挨拶できるといいんですけどね。

テリーからひと言

 織田さんって善人の役が多いからさ、悪い役も見てみたいよね。泥棒の織田裕二とか(笑)。山本さんにもそういうネタ作ってほしいな。

ゲスト:山本高広(やまもと・たかひろ)1975年、福岡県生まれ。声優を志して上京し、代々木アニメーション学院に入学。卒業後は劇団員を経て、モノマネ芸人として活動。織田裕二の目薬のCM「キター!」のモノマネでブレイク。ケイン・コスギ、軽部真一、渡部篤郎、高橋克典など次々と独創的なモノマネ芸を作り出す。2010年頃からは声優としても活動中。2月23日(金)、「山本高広とオラキオのリンクリンクトークライブ」をLOFT9 Shibuyaにて開催。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」