エンタメ

渡辺明が恐怖証言「王将戦」大記録まであと1勝の藤井聡太との対局は「自分の持ち時間だけが減る」

 1月27日、28日に島根県大田市「国民宿舎さんべ荘」で行われた将棋の第73期ALSOK杯王将戦7番勝負第3局は、藤井聡太王将が苦手とする後手ながら、挑戦者の菅井竜也八段をわずか94手で退けた。これでこの防衛戦は3連勝。王将戦3連覇と大山康晴十五世名人が持つ、タイトル戦19連勝の記録更新まであと1勝とした。

 菅井八段は第2局に続き、敗因を自分の悪手にあったと猛省。

「初日の封じ手(45手目、先手7三歩)の少し前によくない選択をした。先手6六角(31手目)とお互いに角を合わせたあたりで、先手5八金左と普通に指すのがいちばんよかったと思います。1日目で苦しくしたのがまずかった」

 決して挑戦者が弱かったわけではない。藤井八冠の頭抜けた強さは、心理戦で常に優位に立つことにある。AI将棋の申し子である藤井八冠に正攻法では勝てないと百戦錬磨の相手に思わせる、「威圧感のない威圧」だ。

 昨年1年間の対局を通じて、対戦相手はおのずと正攻法を避け、奇をてらったつもりが最善手を見落とし、自滅に追い込まれている。渡辺明九段はYouTubeのインタビューで、藤井八冠の恐ろしさを次のように表現している。

「先に藤井竜王を削り、ミスを誘う戦法でしたが…。藤井竜王の持ち時間が3分となったのに、そこから減らない。次第にこちらが劣勢になり、自分の持ち時間だけがじわじわ減っていく」

 今回の王将戦第1局は、藤井八冠の持ち時間が8分なのに対し、挑戦者の持ち時間は80分に。第3局も挑戦者は持ち時間を60分以上残しての投了だった。

 どんな奇襲を仕掛けても、藤井八冠は動揺せず59秒で最善手を打ってくる。AIを超える、得体のしれなさ。たっぷり持ち時間があるというのに、精神的に追い詰められていく。

 もし自分が挑戦者だったら…と考えると、見た目を裏切る藤井八冠の奥深さには、鳥肌が立つほどゾッとする。

 第4局は2月7、8日、東京都立川市の「オーベルジュときと」で行われる。菅井八段には、天国の大山十五世名人と視聴者がさらにゾッとする好勝負を期待したい。

(那須優子)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】