社会

【目撃続出】「体の半分がタコ、半分がサメ」体長60メートル超の巨大海洋生物は海面に腕だけを出して…

 昨年1月、鳥取県の海岸で重さ100キロを超えるダイオウイカが打ち上げられた。ちぎれた腕の部分を含めると、体長は約8メートル。近年、石川県や富山県などの日本海側ではダイオウイカの目撃談が相次いでいるが、この大きさのものは珍しいとして、地元メディアで取り上げられた。

 だが、世界にはイカ以上に、とんでもない大きさのタコが存在するという。それがバハマ諸島近海に生息するオクトパス・ギガンテウスだ。海洋性UMAに詳しい研究家の解説を聞こう。

「オクトパス・ギガンテウスは別名『ルカス』と呼ばれる大ダコで、体長は20メートルから30メートル。大きいものでは60メートル超えの化け物もいて、腕の長さだけでも20メートル以上あるとされています。ルスカは普段、バハマ諸島近海のブルーホールという、石灰岩でできた洞窟の中に身を潜めていて、船などが近づくと海面に腕だけを出して自分の方に引き寄せ、船を破壊する。それはもう、恐ろしい巨大ダコなんです」

 バハマには古くから伝わる怪物であり、体の半分がタコ、半分サメだという説もあるが、残念ながら生きている姿での目撃情報は確認されていない。

「1886年にアメリカ・フロリダ州の海岸で、謎の生物の死骸が打ち上げられました。鑑定したイエール大学の博士の分析により、おそらく全長25メートルを超える巨大タコだろうとされた。これが『ルカス』である可能性が高いとして、オクトパス・ギガンテウスと名付けられたのです」(前出・海洋性UMA研究家)

 オクトパス・ギガンテウスと思われる巨大ダコは、2003年6月にもチリの首都サンティアゴにあるプエルト・モント近郊の海岸で発見された。CNNをはじめ、地元の主要メディアで大々的に放送されたのだが、

「この生物の死骸は体長約12メートルで、全身がゼラチン状の物質でできていました。検証にあたった米スミソニアン協会の専門家らは、ダイオウイカ、あるいはマッコウクジラの脂肪層の可能性を指摘しましたが、正確にはわかりませんでした。ただ、バハマ近海では漁師やダイバーでさえ見たことがないような生物の死骸の目撃報告が、あとを絶ちません。タコはイカよりも生態系が明らかになっていない点が多いため、この海域の深海に巨大ダコが生息している可能性は十分考えられます」(前出・海洋性UMA研究家)

 オクトパス・ギガンテウスがその全貌を現す時は、いつやって来るか。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意