スポーツ

【また米騒動】中日からガッカリ溜め息…立浪和義監督が今年も「炊飯器撤去」宣言

 あの「事件」を、自ら蒸し返すこととなってしまった。中日ドラゴンズに昨秋、巻き起こった「令和の米騒動」のことである。

 引き金となったのは、2月14日にネットニュースに載った、立浪和義監督の独占インタビューだった。

 このインタビューの中で、米騒動の原因となった炊飯器撤去についての理由を語り、その上で「今年も変わりません」と言及。試合前に腹いっぱい白米が食べられない環境を継続させると、わざわざ宣言したのだ。チームは沖縄県で春季キャンプを行っているが、

「チーム関係者からは『まだ続くのですか…』というボヤキが出て、本当にガッカリしています」(スポーツ紙デスク)

 結果としてSNSを中心にバズッた米騒動を、自ら認めることになったのだが、

「立浪監督は問題の本質を、まだ理解していません」

 と嘆くのは、球団関係者だ。続けて、

「インタビューの中では、結果を残せずに批判を浴びたり、試合以外のニュースがあちこち掲載されることに『ある意味、負けると自分がいろいろ(批判を)言われて当然です』と答えています。一方で、そうした情報の出所を探し回っているとよく聞く。情報が漏れるのは、立浪監督が自らの方針を理解してもらうための努力を怠っているからだ、ということに早く気付かなければいけないのに…」

 意気消沈の中日は、最下位から浮上できるのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」