芸能

山田邦子「芸能人水泳大会でアイドルが前泊」/テリー伊藤対談(3)

山田 そう言うテリーさんもお坊ちゃんでしょう?

テリー お坊ちゃんじゃないですよ。俺は築地の商売をやれって言われた。

山田 玉子焼き屋さん。お兄さんがやってらした。

テリー 俺は兄貴の下で働くのがイヤで。学生時代から変なことを考えるのが好きだったから、それを生かせる仕事に就きたいなっていうのはあったよね。

山田 モテたかったんでしょう?

テリー でも、お笑いの演出家ってモテないよね。だってスタジオで会って、「さよなら」って帰るだけだから。例えばドラマの演出家って、俳優と一緒にいる時間が長いじゃない。

山田 テリーさんは働きすぎなんですよ。だってアイドルもあんなに事務所が厳しくても恋愛してましたからね。今でも大磯ロングビーチなんか連れて行くと、みんな懐かしがって泣いて喜びますよ。

テリー あ、そう。

山田 大磯ロングビーチで水泳大会がある時、皆、日帰りできるのに前の日から泊まってるんですよ。

テリー それは当時のアイドルがお互いの部屋を行き来してたってこと?

山田 当たり前じゃないですか。だって可愛い子ちゃんとかカッコいい子ばっかりなんだから。

テリー マネージャーが怒らないの?「うちの◯◯に手を出すな!」って。

山田 だからね、間にディレクターとかが入るんですよ。あるいはマネージャーさんとかがグルになって。暗記力がすごいですよ。携帯電話とかもない時代だから、例えば101号室って言ったら、「101、101‥‥」って覚えて(笑)。

テリー いいなぁ。夢のような話だ。水泳大会は邦ちゃんも結構出た?

山田 出ましたよ。私、水泳部だったから。西城秀樹さんとか郷ひろみさんとかがいても最高殊勲選手でしたからね。

テリー じゃあ、邦ちゃんもアイドルの部屋とか行ってたんだ?

山田 いや、私は日帰りですから。

テリー 何で?

山田 寝る間もなく働いてた頃なんで。後で聞いた時、「そうか、だから皆、泊まってたのか」と思って。トシちゃん(田原俊彦)大好きだったし、悔しかった。泊まりたかったですね(笑)。

テリー そうか、トシちゃんとかマッチ(近藤真彦)の時代だ。

山田 そうです、そうです。華やかだね。今皆、60歳とかですもんね。でもね、アイドルって可愛いですよね。顔がそのままなのね。今マッチなんかも仲よくしてるけど。

テリー マッチはね、ちょっと前にこの対談にも来てもらったんですよ。全然変わらないね。

山田 全然ですよね。逆によくなったぐらい。この間ね、私、ヤッくん(薬丸裕英)とも仲いいんですけど、ハワイに行ったら(石川)秀美ちゃんにも会ったの。お子さんが5人いて、いちばん上の子はすごく大きいんですよ。でも、今見ても全然アイドルなの。

テリー 石川秀美さんはヤッくんと結婚して、割とすぐ芸能界を引退しちゃったよね。

山田 ショートパンツはいて健康美みたいな感じでね、西城秀樹さんの“妹”で出てきて。好きだったんですよ。だから急に結婚して会えなくなったなと思ってたら、30年ぶり以上かな、会って、すごいうれしかったです。

テリー トシちゃんだってそうだしね。早見優さんだって、すごいキレイだもんね。西田ひかるさんとかも。

山田 みんなキレイですよね。何ででしょうね。何か特別なものでも食べてるのかしら(笑)。

ゲスト:山田邦子(やまだ・くにこ)1960年、東京都生まれ。1980年、芸能活動開始。1981年、デビュー曲「邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド篇)」で全日本有線放送大賞新人賞受賞。「オレたちひょうきん族」「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(共にフジテレビ)などで人気に。1988年〜1995年までNHK好きなタレント調査で8年連続1位。2007年、乳がん発覚。2008年、がんに対する知識と理解を呼びかけるチャリティー団体「スター混声合唱団」を設立、団長を務め全国各地にて活動中。2022年より「M-1グランプリ」(朝日放送)の審査員を務める。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは