スポーツ

池谷幸雄を襲った不倫離婚⇒電撃再婚・離婚⇒参院選で倒立⇒妊娠騒動⇒二股暴露…/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 遡ること14年の2010年3月4日、筆者は池谷幸雄の参院選出馬会見取材のため、都内のホテルを訪れていた。池谷は前日のブログで、比例代表候補のひとりとして、民主党から公認されたと報告。そして会見では、

「(政治も体操も)両方とも得点が出るのは同じ。相手がどう評価するかというところも似ています。全国民に体を動かすことの大切さを知ってもらいたい。トップ当選を目指して頑張ります」

 満点での着地を目指すと、熱い思いを語ったのである。

 池谷はソウル、バルセロナと2大会連続でメダルを獲得した元五輪体操選手だが、引退後はタレントに転身。1995年に元アイドルの樹あさ子とデキ婚して女児をもうけるも、1997年、テレビ朝日・吉元潤子アナとの不倫朝帰りを激写され、離婚した。不倫のイメージがついたことで、テレビからフェードアウトすることになってしまったのである。

 ところが2000年、再び脚光を浴びることになる。12歳上で2人の子供を持つバツイチ女性実業家との電撃再婚だった。当時、池谷を取材したスポーツ紙記者によれば、

「彼は翌年、自身の体操クラブを設立しているのですが、その資金も奥さんがスポンサーだったとされます。住まいは恵比寿にある高級ホテルで、ポルシェを買ってもらい、まさに『逆玉』を地でいくような生活ぶり」

 ところが、である。五輪で見せた完璧な「着地」は私生活ではなかなかうまくいかず、この結婚も4年で破綻する。バツ2となってからは体操教室での後進の育成を中心に、講演やイベント出演を行ってきた。

 そんなこともあってか、突然の政治家転身宣言に芸能マスコミは驚いたわけだが、選挙戦での「選挙カー上での倒立」という仰天パフォーマンスもむなしく、落選。ただ、出馬によるメリットは大きかったのか、2012年のロンドン五輪では解説者として返り咲くことになった。

 そんな最中にまたも勃発したのが、「女性自身」が報じた「一夜妻が妊娠7カ月を激白!」という衝撃のスキャンダル。相手女性は電子書籍「女を虜にする極秘テクニック」などの著書を持つ、作家の西麻布よしこ氏だった。

 2人は知り合って3回ほどデートを重ねた後、彼女の妊娠がわかったのだという。「女性自身」の取材に西麻布氏は「DNA鑑定にも応じてもらいました。結果は完全に一致しました」とするも、当初は金銭的援助を求めないなど、円満解決に向かうと思われた。それがなぜか、すったもんだするハメに。

 池谷はその後、2020年にも29歳のグラビアアイドルから二股をかけられていたと告発され、大騒ぎになった。

 だが、体操で鍛え抜かれた根性とパワーは健在。2022年にはなんと、3度目の結婚をしている。かつてバルセロナ五輪後のインタビューでは、

「取材を受けていたため、ビーチでトップレスで泳ぐ欧州の女子選手を見られなかった。それが一番の後悔」

 と語っていた池谷。そう、日本の軟弱人男子たちは、こぞって彼の爪の垢でも煎じて飲むべきなのかもしれない(笑)。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え