スポーツ

メジャー挑戦「7人のサムライ」を実力査定(3)「全米1位」ダルは20勝する

 投手陣に目を向ければ、昨年のポスティングで破談になった岩隈が、FAとなってオファー待ちだ。メジャー関係者が語る。
「WBCでキューバを抑えた強烈なイメージが、スカウトや各球団幹部に残っているし、技術的には問題ない。ただ、肩と肘の故障歴があり、『中4日で投げられるのか』と不安視する声もありますね。まぁ、ケガさえなければ、12勝程度はいけるのでは」
 岩隈は今季、5月11日の日本ハム戦で右肩の違和感を訴えて降板、登録を抹消された。7月27日に復帰したものの、わずか17試合の登板(6勝7敗)に終わっている。が、前出・デスクはこうささやくのだ。
「肩と肘の不安はウソ。メジャー行きに備えて温存したんです。投手を酷使しがちな星野監督から自分の身を守るためには『違和感がある』と言う方法しかなかった」
 ニセ申告だったとすれば、まさに頭脳戦である。
 ところで岩隈といえば先頃、車中キスをしたなどという不倫報道があったが、
「アリゾナでの自主トレを切り上げて、慌てて仙台に帰った。奥さんが激怒しているそうです」(アメリカ在住ジャーナリスト)
 夫婦関係の修復が先決か。
 長らく態度を表明しなかったものの、満を持してついにメジャー行きを決断したのはダルビッシュだ。米スポーツ専門チャンネル「ESPN」は、今オフのFA選手ランキングで、ダルビッシュを3位に入れている。投手では全体1位の最高評価だ。日本ハム関係者が言う。
「スカウト陣、同僚や対戦した他球団の選手たちが口をそろえて『20勝してもおかしくない』と太鼓判を押している。球が速いだけでなく、あれだけ球種も多いと打たれない。打線のいいチームに入れば、本当に20勝するんじゃないか。メジャー挑戦時の野茂よりも、総合力は上でしょう」
 問題はただひとつ。全米有力紙「USA TODAY」に「なかなかポスティング申請しないのは、離婚問題が原因だ」と書かれたのだが、
「ダルビッシュは私生活報道に凄くカリカリするタイプ。『もし(過熱報道のある)ニューヨークかボストンに行ったらダメになるんじゃないか』とも報道されています」(前出・ジャーナリスト)
 左腕の和田も引く手あまたで、代理人が「6球団が興味を持っている」と発言。
「メジャーは年間200イニングが先発投手の目安ですが、彼は180イニング以上投げたことがない。そこは不安です。スカウト情報によれば、『変化球(チェンジアップ)投手で、球は速くない』と分析されています」(友成氏)
 先発4、5番手で2桁勝利を期待されている存在だという。
 ポスティング申請しながら入札がなかった真田は、それでも自由契約となってマイナーから挑戦する意向を示している。前出・メジャー関係者によれば、
「スカウト陣は『サナダ?WHO?』『彼は右か左か?』と、まったく知らないようでした(笑)」
 が、まだ若いだけに、「ちょい化けする可能性はある」と言う野球関係者も。7人目のサムライとして、夢がかなう日は来るか。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男