スポーツ

巨人・桑田真澄2軍監督が崖っぷちの小林誠司に要求する「いつでも進塁打OK」

「実力がつけられない人はどうぞ、落ちていってくださいっていうスタイルなんです、僕は。なぜなら、毎年新しいのが入ってきますから。椅子は決まった数しかないので、その椅子を誰がゲットするかですから」

 温和な風貌と口調からそんな厳しい言葉を発したのは、巨人の桑田真澄2軍監督である。ドライで冷酷な面を併せ持つことがわかったのは、スポーツ報知のYouTubeチャンネル〈報知プロ野球チャンネル〉でのことだ。現在、2軍で調整中の小林誠司に触れた桑田2軍監督は、

「バッティングが課題だって言われてますけど、考え方ひとつでガラッと変われると思うんですね。そこに自分が気付くかどうかです」

 インタビュアーのスポーツ報知・水井基博デスクが「小林誠司選手がもうひと花咲かせるには、どういうことを求めていきたいと思いますか」と問うと、桑田2軍監督は、その「気付き」について踏み込んだ。

「誰か20本のホームランとか期待してますか、彼に。選球眼が良くなりました、いつでも進塁打を打てますよってなると、使いたい選手だと思うんですね。三振しません、ボール球振りません、進塁打いつでも打てます。絶対、使いたい場面、誠司じゃなきゃいけない場面が出てくると思うんですね」

 小林がキャリアハイとなる81安打を放ったのは、2016年。129試合に出場し、107塁打、35打点を記録した。36四球を選び、敬遠5はその年のリーグ最多だった(翌2017年も敬遠4でリーグ最多)。

 プロ11年目を迎える小林は今シーズン、限られた「椅子」に座ることはできるか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」