芸能

冷凍庫4台に「鹿・熊・猪」を常備するSUPER EIGHT安田章大「ジビエにどハマリ」のきっかけは「12時間の開頭手術」

 SUPER EIGHT(関ジャニ∞から改名)の安田章大は、ロン毛で色つきサングラスをかけている。女性さながらの長髪は、4月から上演される主演舞台「あのよこのよ」の役作りのためだ。舞台は5月まで上演され、ハードスケジュールではないが、体調面が心配される。安田は32歳だった2017年に、脳腫瘍の一種である髄膜腫が見つかっているからだ。

 ドームツアーの直後に発見された腫瘍は、直径8センチ。12時間に及ぶ100針を縫う開頭手術で一命をとりとめた。元来、ガン家系であったため腹をくくっていたが、生活が一変した時には絶望した。

 いまだ後遺症を抱え、光過敏のためにサングラスが手放せない。しかし昨年はその個性を逆手にとって、アイウェアブランド・GROOVERとコラボレーションしたサングラス、GROOVER×SHOTA YASUDA「i」を発売。自身のマストアイテムにもなっている。

「壮絶な実体験を踏まえ、安田はビジネススポーツなどの分野で広く利用される米国発の実践心理学、カウンセリング『NLP』のライセンスを取得しています。旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)時代には、カウンセリングの部署を立ち上げようと、本気で動いたこともあったとか」(アイドル誌ライター)

 大病を患ったことで、生の価値観が大きく変わった。三半規管が弱くなったため、趣味のダイビングはできなくなったが、命をいただくことを体感できるジビエ(狩猟で獲られた食材)と出会った。生と死、死と食の連鎖を考えると、どんどんハマッていった。前出のアイドル誌ライターは、

「もう『肉芸人』寺門ジモンの域に達しているそうです。自宅には冷凍庫が4つもあり、鹿、熊、猪を常備。漁師やマタギの友人が日本のあらゆる地域にいて触発され、将来は猟をする真のマタギになりたいのだと。人にごちそうするのは『提供』、食材を手に入れるのは『仕入れ』と呼んでいます」

 4年前、「関ジャニ∞クロニクルF」(フジテレビ系)の企画「最強ジビエ 冬眠前の熊肉を頂く」で、メンバーの横山裕と食した。安田は岐阜・飛騨高山で猟師をしている収録先の男性が気になるあまり、前日に単独で訪問。冬眠前の熊肉と、夏に獲れた熊肉を食べ比べて、興奮を抑えられなかった。メンバーの村上信五には、プライベートで熊や鹿をふるまったことがある。「この鹿はあぶって」「こっちは鍋で」と「提供」に強くこだわった。

 病気の後遺症だけではなく、ジビエとも一生のお付き合いとなりそうだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」