スポーツ

大暴投大荒れ!メッツ・藤浪晋太郎「開幕マイナー濃厚」に阪神OBが「まさかの提案」

 開幕をマイナーで迎えることが現実味を帯びてきたメッツ・藤浪晋太郎に、帰国を促す声が阪神OBを中心に持ち上がっている。在阪スポーツ紙遊軍記者が語る。

「現地時間3月15日に行われたナショナルズとのオープン戦に4番手として登板したものの、大荒れ。4四死球3暴投で3失点と、一死も取れずに交代ですからね。開幕40人枠は絶望的です。マイナーに落とせる契約になっているし、開幕はメッツ傘下の3Aシュラキュース・メッツで迎えることになるしょうね。それでモチベーションが保てるかどうか…」

 シュラキュース・メッツには過去、日本でもなじみの深い元阪急(現オリックス)のブーマー・ウェルズや、元阪神のセシル・フィルダーがプレーしていた時期がある。本拠地NBTバンク・スタジアムの収容人数はわずか1万1071人。絶えず満員になる甲子園とは全く違う。しかも、その日程は過酷。長年、メジャーリーグの取材に携わるスポーツライターが、実情を明かす。

「3Aの年間試合数はメジャーより少ないですが、9月までに全て消化しなくてはならない。バス移動があるし、飛行機での移動も基本はエコノミーシート。メジャーとは雲泥の差です」

 しかも戦力にならないと判断されれば、試合後には即座に契約打ち切りが通告される。そんな環境に大阪桐蔭高校から阪神に入団して以降、スター扱いをされ勘違いモードの藤浪が耐えられるとは思えない。

「極端な話、ハンバーガーを口にしたままバスに飛び乗り、次の試合先に向かう生活は難しいのでは。おまけに、いつ昇格できるかもわからない。そんな状況で徐々にやる気を失い、阪神でプレーした最後の年のようにくすぶり、メンタルをやられる可能性だってあります」(前出・遊軍記者)

 阪神OBの中には、

「マイナーでやるぐらいなら、日本に戻って来て出直した方がいい。それで結果を残して、またメジャーに挑戦する道もゼロではないはず」

 と帰国を視野に入れた発言をする者も出てきた。

 高校時代のライバル大谷翔平がメジャーリーグ随一のスーパースターになったことで、負けられない気持ちが湧いていることは理解できる。だが、何度も故障と手術を乗り越えてきた大谷とは、メンタルの強さが違うだろう。

 ただ、マイナー落ちから復活すれば、ひと皮もふた皮もむけるのは間違いない。まさに正念場だ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」