芸能

舟木一夫「昭和のお客さんに向かって歌うという受け持ちなんだなと」/テリー伊藤対談(4)

テリー 全国っていうのはコンサートツアーで?

舟木 一番最初は「銭形平次」の芝居と歌謡ショーなんですよ。その時は予算がないから、歌はカラオケだったんです。でも、どこも超満員で、「何、これ」って驚きましたね。

テリー みんな待ち望んでたんですね。お客さん、泣いてませんでした?

舟木 泣いてました。「高校三年生」や「学園広場」を歌うと男性のお客さんが。その男性の顔を見た時に「俺は幸せだ」と思いましたね。その時の「ああ、流行歌手でよかった」っていう思いは、その後の僕の芸能生活の大半を決めました。「あ、これでいいんだ」っていう。

テリー おそらく、その空白の15年間って、ファンの人たちも平坦な人生じゃなかったと思うんですよ。その人たちにも、きっとツラい人生とかがあってね。それを舟木さんと会って報告できるというか。そういう思いがありますよね。

舟木 だから、最近のコンサートに来るお客さんも男女を問わず、ご自分の青春を確認してらっしゃると思いますね。「確かにあの頃があった」っていうね。そういう思いに対して流行歌手は「『自分が何十年も前に歌った歌だからもう歌わなくていいや』なんて思ってはいけないな」と。やっぱり流行歌手は、現役を引退するまで、歌い続けていかないといけないんだなと思いますね。それが流行歌手の受け持ちなのかなと。

テリー それをできる歌手って何人もいないじゃないですか。青春スターって特別ですよね。

舟木 ですね。だから、いきなり大ヒットしただけに自分ではそこらへんがまるきりつかめてないわけです。自分だって、例えば三橋美智也さんとかハリー・べラフォンテとか好きで聴きまくってたのにね。「聴く側の思いはこうなんだ」っていうのをプロになると忘れちゃうんですよ。売れると余計そうですね。

テリー なるほどね。ここ最近ずっと舟木さんがコンサートに力を入れている理由がよくわかりました。今も全国ツアー中ですよね。

舟木 そうですね。2月2日の大宮からスタートしました。

テリー 今回はどんな内容になるんですか。

舟木 変わらないですね。今、1日1回公演で、だいたい年間50日くらいやるんですね。その中で「高校三年生」から最新曲までという流れなんですけど、不思議なことにどんどん新しい歌がいらなくなってきたんです。

テリー 何でですか。

舟木 もう僕は昭和の歌を昭和の歌い手が、昭和のお客さんに向かって歌うという受け持ちなんだなというのが、身に染みてわかりましたからね。どうしても何十年も歌ってきた歌い手だと、最後の方は「私はこうして歌ってきて、今の景色はこうで、これからも力強く歩いていきましょう」みたいな歌を歌いたくなるし、書き手も作ってくるんですよ。

テリー わかります。そういう歌って多いですよね。

舟木 でもね、おかげさまでヒット曲に恵まれてきましたから、「高校三年生」「高原のお嬢さん」「哀愁の夜」「絶唱」、そんな歌を置いてるともう1時間20分、30分って経っちゃって、入れるところがないんですよね。

テリー そりゃそうだ。

舟木 だから今は、とにかく皆さんが青春時代に帰れる歌、少女や乙女に戻れる歌、青年に戻れる歌、少年に戻れる歌、それを歌っていけばいいと思ってますね。

テリー ほんとにそう思います。素敵な人生ですね。

舟木 流行歌手になって、こんなに幸せな奴はいないかなと。だから、足腰と悪運が続く限りはステージに立っていたいなと思いますね。ほんとにお客さまのありがたみも身に染みてますから。「流行歌手でよかった」––。僕の人生はその一言に尽きますね。

テリーからひと言

 舟木さん、すごくいい話をしてくれたな。俺、実は途中でちょっと涙ぐんじゃったよ。今度僕のラジオにもぜひゲストで来てください。

ゲスト:舟木一夫(ふなき・かずお)1944年、愛知県生まれ。1963年、「高校三年生」でデビュー。累計230万枚の大ヒットに。同年、「第5回 日本レコード大賞新人賞」受賞、「NHK紅白歌合戦」に初出場。その後も「修学旅行」「学園広場」などのヒットを飛ばし、西郷輝彦、橋幸夫と共に"御三家"と呼ばれた。また俳優としてもNHK大河ドラマ「源義経」、連続テレビ小説「オードリー」、「銭形平次」(フジテレビ系)など多くの映画・ドラマ・舞台に出演。銭形平次の主題歌「銭形平次」も代表曲のひとつ。2022年に芸能生活60周年を迎え、現在も年間ツアーや座長公演を開催。「舟木一夫コンサート2024」を全国で開催中。「舟木一夫コンサート 2023ファイナル 2023年11月16日 東京国際フォーラムA」DVD&CD発売中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること