スポーツ

【皐月賞直前の衝撃訃報】藤岡康太騎手「落馬して後続馬に蹴られ、ぐったりと…」パトロールビデオの戦慄シーン

 パトロールビデオを確認すると、前を走る馬に接触して馬がつまずき、その勢いで騎手が落馬。馬場に叩きつけられた瞬間、後続の馬の左後脚で蹴られてしまう。騎手はぐったりと横たわったままだった。

 これは4月6日の阪神7レース(ダート1800メートル、4歳以上1勝クラス)での、落馬事故の様子である。

「JRAは4月11日になって、前日の午後7時49分に藤岡康太騎手が亡くなったと発表しました。まだ35歳という若さで、フェアプレー賞を4度も獲得している模範騎手のひとりでしたが、なんとも言葉が出ません…」(競馬ライター)

 意識不明の状態が続く中、兄の藤岡佑介騎手は10日に、次のように説明していた。

「まだ意識が戻っていない状態です。経過を見ていますが、本人の頑張りに期待している状況で、僕たち家族も見守っているところです。たくさん心配してくださっていると思いますが、なんとか帰ってこれるように願っていてほしいと思います」

 思い出すのは、昨年11月のGIマイルチャンピオンシップでナミュールに代打騎乗し、見事に勝利。まさに代打逆転ホームランだった。

 昨年6月に生まれたばかりの長男をとても可愛がっており、子供の話をするのが大好き。GⅠ勝利後も「帰って子供をお風呂に入れなきゃ」と話したエピソードが、ファンの涙を誘っているという。

 騎手に落馬はつきものとはいえ、命を落とすまでの悲劇を前に、競馬界は衝撃に包まれている。

「3月24日には高知競馬で25歳の塚本雄大騎手が雨中の泥んこレースで落馬し、頭から転落。その日のうちに死亡が確認されました。地元の子供たちとも交流のある若手ホープだったこともあり、その悲しみは尋常ではなかった。JRAではクリストフ・ルメール騎手が3月30日のドバイでのレースで落馬し、鎖骨と肋骨を骨折、さらには肺に穴が開く重傷を負いました。骨折に伴って肺に穴が開くのは、自転車ロードレースの落車でもよく起こるケガ。騎手は馬に、ロードレーサーは自転車に、生身のまま乗って猛烈に加速し、落ちるとそのまま地面に叩きつけられることになる。ルメール騎手はまだラッキーでしたが…」(前出・競馬ライター)

 4月14日のGI皐月賞(中山)では、康太騎手の兄・佑介騎手がミスタージーティーに騎乗する予定となっている。弟の死の直後だけに、尋常ならざる心境で馬を捌くことになろう。弔いの牡馬クラシック1冠目、こんな悲しみのGIを、ファンはどんな心境で見ればいいのか…。

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ