スポーツ

町田ゼルビア「大番狂わせ」を生んだ黒田采配

 クラブ史上初のJ1リーグに挑戦中の町田ゼルビアが猛威を振るっている。まさかの大番狂わせ連発にサポーターも大熱狂。ただ、うれしい悲鳴の裏では、なぜか「アンチ」も大量発生しているようで‥‥。

 東京・町田市を本拠地とする町田ゼルビアは、18年10月にABEMA関連事業で知られるサイバーエージェントが経営権を取得。そこからチームは大きく生まれ変わる。

 クラブハウスを完成させて環境を整えると、23年シーズンは、高校サッカー界の絶対王者・青森山田高校の黒田剛監督(53)を招聘。前年15位に沈んだチームを再生し、悲願のJ1昇格を果たした。

 開幕前は専門誌でサッカー解説者が「降格争い」を予想する中、第2節の名古屋グランパス戦から4連勝を飾るなど、次々と優勝候補を破って首位に浮上(4月12日時点)。

 ゼルビアの強さの秘密を、サッカージャーナリストの六川亨氏が解説する。

「スペインのバルセロナのような観客を魅了するスペクタクル(壮観)なサッカーとは真逆で、勝負師の黒田監督はリスクマネージメントを徹底しています。パスをつなぐことにこだわってミスをしても仕方ないので、ロングパスで相手の裏を取り、こぼれ球を拾って、シンプルに点を取る。やっていることは青森山田時代の延長で、全国高校サッカー選手権の一発勝負のトーナメントでも負けないような戦術をJ1でも実践し、白星を重ねています」

 勝てば官軍、負けて降格すればスポンサー離れは必至で、経営にも大きな影響を及ぼすことになる。

 もともとサッカーの盛んな街で知られる町田は、北澤豪(55)や太田宏介(36)など数々の日本代表選手を輩出。市民もチームの快進撃に沸いているが、一方で、アンチも急増していた。

 その理由は、スローインの際に長い距離を投げる「ロングスロー」だ。青森山田でも導入していた〝飛び道具〟で、ルール上の問題はないが、ゼルビアの選手が相手のゴール前にロングスローを放ると、ブーイングが起きることもあった。前出・六川氏はこう話す。

「ロングスローのたびに滑らないようにタオルで拭いて、時間を使いすぎることが批判されています。また、昔から〝空中戦〟は弱者の戦法のイメージが強く、卑怯だという偏見があるのかもしれません」

 ファールの多さもアンチを刺激し、やり玉に挙げられることもしばしば。

 そんな中、アウェーだけではなく、ホームのサポーターからも〝苦行〟と揶揄されるのが、ゼルビアの「町田GIONスタジアム」の立地の悪さ。

 多摩丘陵地帯にあり、最寄りの小田急線鶴川駅から徒歩約60分。ゼルビア側も「天空の城」と愛称をつけてアクセスの悪さをイジるほどだ。

「クラブは最善の努力をしていて、近隣の駅から無料の直行バスを何本も用意していますが、乗るまでに時間がかかるし、一本道なので渋滞にハマるのは毎度のこと。都内周辺でも、家路につくまで2~3時間はかかると思っておいた方がいいですね」(前出・六川氏)

 解決策はスタジアムの移転しかないのか。生観戦で快進撃を支えるサポーターが減らないことを祈るばかりだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ