社会

京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」

 インバウンドの外国人で、常に賑わう京都のローカルな飲み屋街といえば、町家の中に複数の酒場が入る「会館」が有名だ(写真は西院の折鶴会館)。京都駅にあるリド飲食店街、四条富小路の四富会館など、安く飲めることで、地元民の人気が高い。ところがその会館が今、値上がりしているという。昔から通っている常連客によると、

「京都はどんなに旅行者が訪れても、地元の人間に配慮して、飲食店が大幅に値上げすることはなかったんです。今、各地で話題になっているインバウンド価格も、京都では滅多にありませんでした。しかしここ最近は物価高の影響もあってか、飲食店が値上げしており、会館でも昔のように安く飲むことができなくなっていると聞きます」

 京都の会館は、海外のガイドブックにも取り上げられるほどの観光地となっている。コロナ流行前から夜な夜な、ガイドブックを持った外国人観光客で溢れていた。その時はインバウンド向けの値上げをしなかったというが、なぜ今さら…。とある会館に入る店のオーナーが口を開く。

「コロナ禍に入り、外国人がいっさい来なくなった時に、日本人の観光客が多く来るようになったんです。正直言うと、外国人よりも日本人の方がマナーが悪かった。外国人は写真を撮るものの、基本的におとなしいし、お金も使ってくれる。ガイドブックを見ているからか、マナーを守る人が多いんです。でも日本人は酔っ払って大声で騒いだり、1杯で何時間も粘る人もいます。会館に入っている飲み屋は一軒ずつが狭いから、新たに客が来たら奥に詰めて譲るのが一般的。そんなおもてなしの心が京都人にはあるんです。しかし、他県から来た日本人の観光客のマナーは、よくありませんでした」

 つまりは外国人ではなく、他県から来る日本人向けに値段を上げた、ということなのだ。一方でこっそりと、こうも耳打ちする。

「でも常連のお客さんが来たら、オマケで少し安くします」

 京都人のおもてなしの心は健在。日本人よ、きちんとマナーを守ってはどうか…と感じたのであった。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ