エンタメ

録り直せ!「2代目ちびまる子声優」に代わってもCMはTARAKOのままで困る

 TARAKOの急逝により、アニメ「ちびまる子ちゃん」の「2代目まる子の声優」が誰になるのか気になっていたが、菊池こころに決まったと発表されたのが、4月12日のこと。21日がそのお披露目となった。

「季節まるごと!さくらももこ 春夏秋冬の原作まつり」と題したこの日、放送されたのは「プロ野球開幕!!」の巻。プロ野球が開幕すると父・ヒロシがテレビを独占するため、まる子は見たい番組が見られなくなり、友蔵じいちゃんと一計を案じるも…というものだった。

 第一声はおなじみの「みんな~いっくよ~!」の掛け声。「案外、悪くないかも!?」というのが正直なところだ。本編に入っても「今のところはいい感じ」「ちょっと違うかも」「ここはもう少し感情を爆発させてもらわないと…」などなど、どうしても長年、慣れ親しんだTARAKOの声と比べてしまう。しかも、ちょっと幼すぎるというか、たまちゃんやはまじら同級生とお話ししていても、転校生みたいなよそよそしさを感じた。

 もっとも、TARAKOも最初の頃はまだ初々しく、年月を重ねるにつれて、誰もが知る「まる子」が完成したようなところもある。だから菊池こころもそのうち慣れるのではないか、と思う。ゆえにTARAKOとの違いを探すのではなく、むしろその逆で、似ているところを探すようにして、温かい目で見てあげよう、と。

 そんなふうに思っていたら、CMでのこと。こちらもおなじみ、まるちゃんたちが出演する「ミツウロコ」のCMの声はTARAKOのまま。今の今まで温かい目で見てあげようと思っていたのに、TARAKOの声を聞いてしまうと違いは明らかで、後半は「TARAKOだったらダダをこねる時、こんなにあっさりしていないのに…」などと考えてしまった。

 契約問題があるのかもしれないが、せっかくなので「ミツウロコ」のCMソングも早いところ、2代目の声で録り直した方がいいのでは。偉大なる先代TARAKOのあとを継ぐのは相当のプレッシャーだろうが、アニメ「ちびまる子ちゃん」存続のためにも、ぜひ頑張ってほしい。

(堀江南)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ