スポーツ

岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」

 阪神・岡田彰布監督がついに決断だ。5月14日の中日戦、8回裏に致命的なエラーで、好投を続けていた先発・村上頌樹の足を引っ張り、あまりにもったいない逆転負けの原因となった佐藤輝明に怒りの2軍降格を告げた。

「今シーズンは本塁打王を期待された佐藤ですが、打率わずか2割9厘と調子が一向に上がってこない。この日は2安打したものの、ここのところ失策や走塁ミスが目立ちすぎていました。2軍降格の理由は打撃というより守備。そして、野球に取り組む姿勢ですね」(スポーツ紙デスク)

 岡田監督は14日の試合後、佐藤について「あれで終わりよ。キャッチボールやからな。普通のプレーやんか」とあきれ返った。打撃はそのうち調子が上がると見ていても、当たり前の守備ができていないことを憂い、決断を下すしかなかったようだ。

「岡田監督は昨年6月にも佐藤を2軍に落としています。この時はスタメン落ちした前日の試合で佐藤の態度を問題視したと報じられました。佐藤は試合前のノックに参加せず、試合中はベンチで声を出すこともなかった。ロッカールームにこもっていたといいます。このふて腐れたように映る態度に対し、2軍落ちが命じられたのです。今回も守備や走塁のミスなど、集中して試合に臨んでいれば防げるミスばかり。それを連発していることで堪忍袋の緒が切れたのでしょう」(スポーツライター)

 ちなみに佐藤は昨年、2軍落ちから10日で1軍に復帰すると打棒があっさり復調。9、10月に連続で月間MVPを獲得するなど18年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 15日朝、名古屋のチーム宿舎を離れて帰阪した佐藤は、さっそく鳴尾浜で2軍練習に合流。サードのポジションで289本のノックを受けるなど汗を流した。

「佐藤に代わり渡邉諒が1軍昇格しましたが、おそらくサードのスタメンは当面、糸原健斗が務めるのではないでしょうか。とはいえ、佐藤の破壊力は『アレンパ』には欠かせません。毎年こんなことの繰り返しでは首脳陣との不協和音を生みかねませんが、鳴尾浜で顔を洗うつもりでメンタルを鍛え直し、頼もしい姿で戻って来てもらいたい。そして、2軍落ちは二度としないでほしい。ファンも監督もそう願っているはず」(前出・スポーツ紙デスク)

 佐藤が再び1軍に昇格するとき、どれほど精悍な顔つきになっているか。そこに注目したい。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し