スポーツ

【パリ五輪サッカー】オーバーエイジ枠の究極隠し玉「あの条件ピタリ男」に大岩ジャパンが急接触中!

「色々な影響力のある選手を重視していく」

 5月14日に報道陣の取材に応じ、パリ五輪で注目のオーバーエイジ(24歳以上の選手登録を認める制度)について語ったのは、サッカーU23日本代表の大岩剛監督だ。

 パリ五輪のアジア最終予選を兼ねたU23アジアカップで優勝を成し遂げたのも束の間、メンバー登録枠18人を巡るサバイバルレースが勃発している。

「本大会を前に代表チームで活動できるのは、6月のアメリカ遠征のみ。会見で大岩監督は、オーバーエイジやアジアカップに招集できなかった海外組の選手について『呼べるなら呼びたい』と話していました」(サッカーライター)

 常に論争となる守護神争いから見てみると、ここはアジアカップでスーパーセーブを連発したGK小久保玲央ブライアンで文句なし。と思いきや、21歳ですでにA代表のゴールを守る鈴木彩艶が「ぜひ行きたい」と直訴しているという。頭を悩ませる選択を迫られそうだ。

 一方、本大会出場を決めた直後から、最大3枠のオーバーエイジの候補に挙がっているのは、主にディフェンスラインの選手だった。

「センターバックに冨安健洋と板倉滉のA代表コンビや、大岩監督が鹿島アントラーズの指揮官を務めていた時の昌子源と植田直通のコンビをリストアップ。左サイドバックには、3バックにも対応できる伊藤洋輝と町田浩樹も候補に入っています」(前出・サッカーライター)

 これで3枠をパンパンに使い切ることが予想されるが、サッカー関係者の間ではこんな話も出ていた。

「アジアカップで思わぬ収穫だったのは、両サイドバックの大畑歩夢と関根大輝。この2人が大車輪の活躍を見せ、優勝に大きく貢献しました。ここにオーバーエイジを使うのはもったいないと言われるほど、最大級の評価を得ています」

 また、攻撃陣はアジアカップに招集できなかった人材が豊富だ。「パリ五輪世代のエース」と呼ばれ、デンマークのブレンビーに所属するMF鈴木唯人は、直近の7試合で6ゴール&5アシストと大暴れ。

 さらに、A代表でも不可欠な存在のFW久保建英も東京大会のリベンジに燃えていて、クラブが出場にゴーサインを出せば、間違いなく選ばれる。

 そんな中、オーバーエイジの隠し玉として「水面下で接触している選手がいる」と、前出・サッカー関係者が声を潜めてこう明かす。

「フランス1部のASモナコに所属するFW南野拓実です。今季は絶好調でチームを引っ張っており、ここまで9ゴール&6アシストを記録。パリ・サンジェルマンに次ぐリーグ2位が決まり、18-19シーズン以来のチャンピオンズリーグ出場権を獲得しました。今度がパリ五輪ということもあり、南野はフランスの環境を熟知。大岩監督が求める『色々な影響力のある選手』という条件にぴったりなのです」

 カタールW杯の大舞台で「10番」を背負った「モナ王」(ASモナコと王様をかけた用語)の降臨となれば、若手にとってお手本になること間違いなし。パリの地で心強い戦力となりそうだ。

(風吹啓太)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し