芸能

【実況動画】史上最高のスリルと面白さ!太川陽介たった1人の「シン・バス旅」すごすぎるリアルガチ度

「バス旅のプロ」こと太川陽介が以前に「予告」したとおり、自らのYouTubeチャンネル「ルイルイチャンネル」で、1人だけのバス旅をスタートさせた。なんとそのルールが「さすがプロ」と唸ってしまうほど、厳しいものだったのである。

 この「シン・バス旅」は、太川が選んだ都道府県の中から、スタートとゴールの市町村を抽選で決定。タクシー利用はなし、である。こう聞くと簡単そうに思えるが、テレビ誌記者が反論する。

「本家のバス旅は、番組がスタート地点とゴール地点を決定していました。途中でバスが途切れないか確認し、ちゃんとゴールできるルートを、あらかじめ設定しています。ところが、シン・バス旅は抽選ですから、バスがつながっていないかもしれない。どうやってもゴールできない可能性があるのです。あるいは、スタートからゴールまでの距離が、1日で行けないほど長くなることも考えられますね」

 はたして、その懸念は的中しつつある。初回の旅は千葉県北部の神崎町をスタートし、県中央よりやや南の長南町がゴール。直線距離にして約60キロと、かなりの長旅になる。

 5月21日に公開された初回配信は、スタートして成田駅に向かうところで終わったが、この先はかなり難航することになりそうだ。というのも、

「太川がXに旅の様子を投稿しているのですが、午前9時にスタートして、午後1時49分の時点でまだ成田に着いていないんです。翌日、午後1時42分に、小湊鐵道の光風台駅で困っている、と投稿している。簡単には進んでいないことがわかります」

 リアルガチであることが売りの「バス旅」を越える本気度。その面白さも「本家」をはるかに上回るのではないか。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し