スポーツ

元木大介が明かす巨人監督「長嶋茂雄と原辰徳」選手との食事に見る「決定的な違い」【2024年5月BEST】

 並みの重圧ではない巨人の4番を張り、監督にもなった大スターはやはり、凡人とは異なる思考回路を持っているものなのか。指導者として選手にどう接するかという野球哲学の違いを明かしたのは、元巨人の「クセ者」だ。ミスタープロ野球と若大将は、いかにして選手のホンネを把握し、チーム運営へとつなげていったのか。なんとも興味深い話なのである。(2024年5月2日配信)

「選手に気を遣わせないようにする」

 ミスタープロ野球、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督をこう評したのは、昨年まで巨人のヘッドコーチや作戦兼内野守備コーチなどを歴任した、元木大介氏である。

 DeNA元監督アレックス・ラミレス氏のYouTubeチャンネル〈【ラミレス公式】ラミちゃんねる〉に登場すると、かつてのミスターの素顔を明かしたのだ。

「基本、グラウンド以外は選手とあまり接しない。ホテルの食事も監督は部屋で、キャンプでも部屋で摂るし、みんなとは一緒に摂らない。(ミスターいわく)『監督がいたら、みんなこっちを見て食べるだろ。だからオレは行かないようにしてる。リラックスして食べてくれ』と」

 一方、昨年まで仕えた原辰徳前監督はというと、ミスターとは真逆。

「みんなと一緒に食事をしたい。みんなの顔色を見ながら、何かひと言を言ったりとか、呼んで『一緒にちょっと一杯飲めよ』っていう兄貴分的なことをやってきた。17年間という長い監督生活の中で、若い時は我々が一緒に現役をやってた監督なので、兄貴分的な(スタンスでよかった)。でも今の若い選手はそれを知らないし、スゴい監督にしか見えてないから、逆に緊張してる。監督の考えと若い選手のギャップがちょっと出たかな」

 これではプレーにおいて、選手と監督の間にギクシャクした関係が生まれたことだろう。その結果、2年連続Bクラスだったのか…。

 では元木氏による、現在の阿部慎之助監督評はどうか。

「見て、あるいは選手の話を聞いている限りは、何も言わなくなった。2軍の監督の時には厳しかった。でも1軍監督になった時に厳しさ、選手の縛りを楽にしてあげたのかな。だから若い選手もいいのかな。今の時代に合ってきたのかな」

 阿部監督の時代に即した臨機応変の指揮を見守りたい。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】