スポーツ

【2年ぶり優勝の舞台裏】石川遼がプレー中にマイクを付けて「ナマ中継」したキャディーとの「作戦会議」

 実に2シーズンぶりの歓喜の瞬間だった。男子ゴルフ国内ツアー「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP」が6月23日、栃木県の西那須野カントリー倶楽部で行われ、石川遼が優勝を飾ったのだ。

 最終ラウンドは2打差の2位からスタートして6バーディー、2ボギー。通算21アンダーで、2022年11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来となる、ツアー通算19勝目を挙げた。

 ここのところ距離感が合わず、思うようにグリーンにショットを乗せることができずにいた石川。グリーンに乗せたとしても10メートルから15メートルほど残り、パターでカバーする戦いを強いられた。

「ところが今大会ではトップの位置を浅くしたことで、安定するショットが戻ってきました」(ツアー関係者)

 現在は選手会副会長の任にあり、今大会では実行委員長となり、プレー中に初めてテレビ用のピンマイクを装着。ファンサービスとして、キャディーとの会話を視聴者に提供した。人気が低迷する男子ゴルフ界全体のことを考え、大会を盛り上げたのだ。

 例えばグリーン上では、

「ジャストタッチしたら1メートルぐらい曲がるかな」

 キャディーと作戦を確認し合うシーンでは、

「右への突き抜けはよくないもんね」

「3Uから8番アイアンとか?」

 などなど。臨場感バツグンの会話を展開し、ギャラリーは一緒にラウンドしている感覚になったのではないか。

 肝心の勝負では冷静な判断で優勝にこぎつけたわけだが、

「若い選手が飛距離を伸ばし、爆発力があるプレーをする傍ら、石川はマネージメント力で対抗しています。無理には狙わず、経験と自らの能力、コースと照らし合わせて、最善の選択ができるようになってきました」(ゴルフジャーナリスト)

 16番ではピンまで残り225ヤードの地点から強引に2オンを狙わず、グリーン手前に刻んでバーディーを奪った。10代で「ハニカミ王子フィーバー」を巻き起こし、日本における最年少賞金王記録を保持する石川が「大人のゴルフ」へと変貌して、新境地に入った。

(渡辺優)

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】