芸能

松たか子 TDLの“アナ行き”イベント登場で深まる「NHK嫌い」疑惑

20150129bb

 国民の熱い期待もむなしく年末の紅白歌合戦でのアナ雪熱唱をパスした松たか子(37)。このまま「アナ雪」は封印かと思われたやさき野外イベントに生出演した。いったい何があった?

「スゴイスゴイ、本物だ~」

 1月13日、東京ディズニーランドの新パレード「アナとエルサのフローズン・ファンタジー」初日セレモニーを見に来た大勢の観客の前にサプライズ登場して会場を大いに沸かせた松。神田沙也加、May J.、ピエール瀧も登場し、紅白でも実現しなかった豪華キャストが勢ぞろいした。しかし、スポーツ紙記者がいぶかりながらこう話す。

「オープンカーの上で松さんは沙也加ちゃんの隣に座り、ニッコリ笑顔を振りまいていました。もちろん膝掛けなどして防寒対策を取っていましたが、身重でもここに出られるのならNHKにも出演すればよかったのでは‥‥」

 昨年11月、松は紅白出場歌手が発表された翌日、「新しい命を授かることができました」と公式サイトで直筆メッセージを発表。これが歌手枠が無理なら「アナ雪」特別枠で出場を、とするNHKの淡い期待を打ち砕く最後通牒となった。それにしても妊婦に「冷え」は大敵なだけに、厳寒時期の野外イベントは「少しも寒くないわ~」と笑い飛ばせなかったはずだが‥‥。

「この時期はディズニーの観客数も落ち込むだけに、アナ雪パレードは目玉イベントになるわけです。とはいえ、沙也加ちゃんとMay J.だけでも十分宣伝効果はあったはず。それに、あの寒空の浦安に出場するなら屋根付きのNHKホールにも出演できたはずです。よっぽどNHK嫌いなのかも‥‥」(スポーツ紙記者)

「アナ雪」大ヒット後も歌番組には一切出演しなかった松には、早くから年末のNHK紅白への出場が噂されていた。その障害として、May J.や神田といった格下芸能人との共演NG説もささやかれたが、このパレードでは、手を振りながら2人と一緒の車に同乗している。

 また、ディズニーとの契約で「アナ雪」関連の仕事ができないという説も浮上したが、1月9日放送の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)では名物企画「空耳アワー」に審査委員として登場。特別コーナー「アナと雪と空耳の女王」では視聴者から寄せられた「えり子~、左行こう~(レリゴー、レリゴー)」という禁断の「アナ雪」ネタを、

「ディズニーの人に怒られるかもしれないけど、すばらしい。韻を踏んでいる。スゴイ」

 と、笑い飛ばしているのだ。他にナマ歌が歌えない説も浮上していたが、

「歌手としても高い評価があり、歌えないということはない。実際、身内の集まりでは兄・染五郎の子供たちにせがまれ、ナマで披露することもあるそうです。最後までNHKのオファーを固辞したのは、顔を出し歌うことで映画のイメージを壊したくないという、女優としてのプロ意識があったからでは‥‥」(梨園関係者)

 まさに「真相は本人のみぞ知る」だが、芸能レポーターの城下尊之氏が諸説にこうトドメを刺して言う。

「映画を観れば彼女の歌声とアニメの唇の動きがぴったりシンクロしていることがわかる。つまりそれだけ完璧に演じながら、さらに感動的な表現力で歌い込んでいるわけです。生放送で同じレベルのことをやるのは容易ではないだけに、今後も彼女がナマ歌を披露することはないでしょうね」

 春に出産を済ませたあとは、7月には女優として舞台出演が決まっている。やはり、このまま松のナマ歌は、「♪聞けぬ~ままの~」となりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
上戸彩、「絶対零度」月9で復活も過去に視聴者ブチギレさせた問題場面とは?
2
吉高由里子と広瀬アリス、伊調と吉田…有名男女11組の最新ケンカが暴かれた!
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?