社会

「イスラム国殺害予告事件」は“邦人誘拐ビジネス”の始まり?(1)IS国の狙いとは?

20141126logo

 1月20日、ついにイスラム国が日本人2人に殺害予告を出した。日本政府は必死の交渉を行っているが、相手は烏合の衆のテロ集団などではない。豊富な武器と弾薬を所有し、その資金源は石油の密輸と掠奪、そして誘拐である。イスラム国兵士はすでに次の邦人を標的として捉えている!

「日本政府と日本国国民に告げる」

 こう始まるビデオ声明が、突如動画サイトに掲載されたのは1月20日午後2時45分頃のことだった。

 映像には座らされた2人の日本人。その背後にはナイフを持った黒ずくめの覆面姿の男が。程なく1人が昨年8月18日にイスラム国(以下IS国)に拘束された湯川遥菜さん(42)、もう1人が昨年10月25日にシリアからIS国の支配地域に向かったジャーナリストの後藤健二さん(47)であることがわかる。

 そして覆面姿の男はこう宣言したのである。

「日本国民へ。お前たちの政府はIS国と戦うために2億ドルを拠出するという愚かな決断をした。お前たちの市民の命を救うために2億ドルを支払うという賢い決断を日本政府にさせるため、圧力をかける時間はあと72時間」

 しかも、支払わない場合、

「このナイフが悪夢になるだろう」

 と殺害を予告したのだ。

 事件は安倍晋三総理(60)の16日からの中東訪問と関係している。17日にエジプトを訪れた総理は、IS国と戦う周辺各国に、総額で2億ドルの支援を約束したのである。

 この2億ドルはあくまで人道支援が目的だが、IS国は日本が牙を剥いたと一方的に解釈した。身代金「2億ドル」も「敵に払う金と同額を払え」というメッセージであることは明らかだ。指定された「72時間」にも意味があった。中東に詳しい軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が解説する。

「3日間という漠然とした時間ですが、向こうは時間の単位をあまり気にしません。アラブ圏の感覚では『すぐ決めろ』ということです」

 実は昨年11月、後藤さんの家にはIS国から身代金の要求メールが届いていた。13年9月、その前身の組織に拘束された経験のある報道カメラマンの横田徹氏が続ける。

「(要求が来てから)交渉はしていたはずですが、それは交渉の余地のある状態です。動画が出てしまうとその余地はなく、払うか払わないかしかない」

 昨年8月以降、IS国がアメリカ人を3人、イギリス人、フランス人各1人を公開処刑しているのは周知のとおり。まさに待ったなし、の状況になってしまったのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!